ロシア・ユーラシア経済 ユーラシア研究所出版物のご案内

ロシア・ユーラシアの経済と社会バックナンバー

下の年代別タブをクリックしてご覧下さい

 

ロシア・ユーラシアの経済と社会

第2013号(2017年2月号)

<特集>ロシア経済の現状と日露関係

ロ2016年のロシアの経済危機:原因・対策・展望 岡田進

サンクトペテルブルクにおける日系企業のビジネス環境の現状と今後の課題 宮川嵩浩

「大山鳴動してネズミ一匹」-日露山口・東京首脳会談を総括する 中澤孝之

<書評> 村岡到著『ソ連邦の崩壊と社会主義―ロシア革命100年を前に』(ロゴス、2016年9月刊) 岡田進

<資料> ロシア統計から

第1012号(2017年1月号)

<特集>極北のロシア-チュコートカ

ロシア極東の人口動態とその展望:チュエコートカを事例として 雲和広、タマーラ・リトヴィネンコ

ロポスト・ソビエト期における資源利用の変化と人口動態への影響-チュクチ自治管区- タマーラ・ヴィタリエヴナ、雲和広

ロシアによる千島列島・北方領土開発の現状 安木新一郎

チュコート自治管区・アナディリ市、及びアナディリ近郊の廃居住区訪問 雲和広

第1011号(2016年12月号)

<特集>プーチン訪日後の日露ビジネスの課題

ロシアにおける日系企業の現状とビジネス環境の課題 浅元薫哉

ロシアの軍事支出 小泉 悠

ロシアによる千島列島・北方領土開発の現状 安木新一郎

深刻な低成長に喘ぐボスニア経済‐

内戦から20年後も発展の兆しに乏しく 土田 陽介

<資料> リトアニアのユーロ導入について

第1010号(2016年11月号)

<特集>ロシアの医療問題
p>ロシア社会における医療従事者の地位―2000 年~2010 年の時系列調査の結果を通じて 松本 かおり

ロシア国民の健康状態と連邦健康増進計画 田牧 陽一

<書評> 片山博文『北極をめぐる気候変動の政治学:反所有的コモンズ論の試み』臼井 陽一郎

<書評> 塩川伸明・池田嘉郎編 『社会人のための現代ロシア講義』 酒井 明司

第1009号(2016年10月号)

<特集>新たなロシアの安全保障環境

プーチン政権下の現代ロシアにおける国家安全保障政策の形成 長谷川雄之

ウクライナクライシス後のロシアをめぐる国際環境への一考察 藤巻裕之

中央アジアの過激派とロシア経済 ジェイソン・プラッツ

<書評> 斎藤治子『リトヴィーノフ―ナチスに抗したソ連外交官』 横手慎二

第1008号(2016年9月号)

<特集>ウクライナ危機後の内外環境の変化

ウクライナ危機後のロシア対中国関係:中央アジアでの関係に焦点を当てて ー張悳俊(Duckjoon Chang) 田牧陽一訳

ウクライナ政治エリートの実像―ヤヌコーヴィチ、マイダン、ポロシェンコ政権― 岡部芳彦

第1007号(2016年8月号)

<特集>知られざるロシア経済-労働市場・高齢者ケア・住宅ローン

労働市場にみるロシアの経済危機対応とその限界 堀江典生

ロシアにおける高齢者ケアの現状-ペテルブルグ- 五十嵐徳子

経済危機下ロシアの外貨建住宅ローン問題:利用者の問題を中心に 道上真有

<書評>小泉悠著『軍事大国ロシア-新たな世界戦略と行動原理』 兵頭慎治

第1006号(2016年7月号)

<特集>変わるロシア、変わらぬロシア

ロシアのテキスタイル産業クラスター 藤原 克美

ロシア沿海地方の新しい特区について-ウラジオストク自由港とカジノ特区- 安木 新一郎

その後のロンドングラードとオブナリーチカについて-今、ロシア国内では何が起こっているのか(3)- 広岡 直子

<書評>安達祐子著『現代ロシア経済 資源・国家・企業統治』 今井 雅和

リトアニアの欧州エネルギー・ネットワークへの接合 蓮見 雄

第1005号(2016年6月号)

<特集>中東欧、ロシアの歴史・記憶政治

【概観】 歴史と記憶の「政治家」とその構図 橋本信也

【各国編】歴史・記憶政治関連機関との争点

チェコ 全体主義体制研究所と秘密警察文書 -森下嘉之

スロヴァキア 国民記憶院と「スロヴァキア国」をめぐる歴史論争 福田宏

ポーランド 国民記憶院-記憶の「国有化」とその政治的資源化 吉岡潤

ハンガリー 「テロルの館」とホロコースト記念センター-全体主義犯罪とホロコースト 姉川雄大

ルーマニア ルーマニアにおける二つの歴史委員会 高草木邦人

エストニア 人道犯罪調査国際委員会と歴史家のアポリア 小森宏美

ラトヴィア 歴史家委員会と戦う歴史外交 小森宏美

リトアニア ナショナリズムと「西欧的」国際協調 梶さやか

ロシア ロシア歴史協会の創設とその活動 立石洋子

第1004号(2016年5月号)

<特集>特集>原発事故と教育:ベラルーシからフクシマへⅢ

新潟から展開する日露医学校流 日比野 浩

<講演>ホイニキ市の復興において教育・文化が果たした役割 ジェンナ・チェルニャフスカヤ

<講演〉避難・避難生活・帰還の過程のなかで、学校・教育が果たす役割 石井賢一

<コメント>事故後を生きる:新しい文化の芽生え 関啓子

<コメント>ヘルスリテラシーの視座から考える 宮北隆幸

<コメント〉チェルノブイリの取り組みに学ぶこと 小寺隆幸

〈まとめ>ベラルーシとフクシマ 境野健児

<研究ノート>チェルノブイリ事故による避難経験-ベラルーシ共和国での聞き取り調査から- 土井妙子

<研究ノート>原発事故後のリスクへの向き合い方-ベラルーシ中等教育施設での放射線防護知識の実践的獲得プロセス- 高雄綾子

<図書紹介>ガツコ『チェルノブイリの記憶』 古澤晃

第1003号(2016年4月号)

<特集>特集日ロ交流の最前線-医療、ビジネス

新潟から展開する日露医学校流 日比野 浩

ロシア・ビジネスを始める前に~ロシア・パートナーの選定~ 糸井 和光・松嶋 希会

地方の暮らしと「ロンドングラード」-今、ロシア国内では何が起こっているのか(2) 広岡 直子

<書評>富樫耕介著『チェチェン 平和定着の挫折と紛争再発の複合的メカニズム』 野田 岳人

第1002号(2016年3月号)

<特集>揺れ動く中東欧の深層

欧州の「難民」・「移民」流入問題を考える 盛田常夫

欧州を驚かすポーランドの政変-2015年の2つの選挙が生み出した議会多数派至上主義の“暴走” 小森田秋夫

油価低迷・経済制裁とロシア 蓮見雄

第1001号(2016年2月号)

<特集>現代ロシア政治研究の新潮流

現代ロシアにおける国家安全保障政策決定機構-安全保障会議の制度構築に関する一考察- 長谷川 雄之

現代ロシアの「愛国主義」と戦略記念―名誉称号「軍事栄光都市」に着目して- 西山 義久

現代ロシアにおける反政府勢力と社会運動-2011年から2013年にかけての社会運動を事例に- 貝田 真紀

第1000号(2015年12月号-2016年1月号)

<特集>ロシアの今を知る―歴史の文脈のなかで

Ⅰ マクロ・ミクロ経済

ロシアからソ連へ、ソ連からロシアへ ―体制転換と経済の変遷― 岡田 進 6

世界経済の中のロシア、ソ連、再びロシア 上垣 彰 21

ビジネス立地としてのロシア ―ソ連時代からの連続、非連続― 今井 雅和 37

Ⅱ 開発と環境

ロシアの経済発展とシベリア極東開発 雲 和広 52

ソ連、ロシアのエネルギー開発 本村 真澄 65

北極をめぐる開発と環境 片山 博文 78

Ⅲ ロシアとユーラシア

ユーラシアの中のソ連、ロシア 石郷岡 建 94

歴史の文脈で見た日ロ関係 石川 一洋

第999号(2015年11月号)

<特集>中央アジアの社会と文化

トイとイスラーム―歴史と現在 小松 久男

ソ連崩壊後のクルグズ共和国におけるコムズの普及 ―カリマン・ウメドバエワ

教育とジェンダーからみた地域間格差―ウズベキスタンにおける現地調査をもとに ―マシフラホン・トフタミルザエワ

<書評>岡田進著『ロシアでの討論 ソ連論と未来社会論をめぐって』 ―関 啓子

第998号(2015年10月号)

<特集>変化するロシア社会と科学・教育改革

ロシア科学アカデミーの改革について-新自由主義的改革の「ソビエト」的決着- 遠藤 忠

先住少数諸民族の教育権保障の課題-「先住民族の権利に関する国連憲章」前後の政策動向を中心にして- 岩﨑 正吾

ロシアの大学の世界ランキングはなぜ低いのか 松永 祐二

ロシアにおける宗教の教育の教科化とムスリムの人間形成を巡る葛藤 木之下 健 一

第997号(2015年9月号)

<特集>現在のロシア:経済・社会・法律の諸相

<特別寄稿>経済制裁下のロシア経済の日ロ貿易―日ロ間ビジネス再活性化の道―(朝妻 幸雄)

ロシアの移民政策―CIS諸国からの未熟練労働者移入に対する対応の特徴―(保坂 哲郎)

ロシアの国際商事裁判制度の問題点・留意点について(吉田 一康)

<書評>塩原俊彦著『ウクライナ 2.0』(染谷 武彦)

第996号(2015年8月号)

<特集>ロシアの自動車産業

<特別寄稿>グローバル競争下のロシアの自動車産業(渡部 陽)

ロシア自動車産業の低迷と今後の可能性(上山 邦雄)

トルトネフとガルシカが主導する極東地域開発政策(堀内 賢志)

第994号(2015年6月号)

<特集>ロシア・ユーラシア地域の民族問題:過去と現在の交錯

北コーカサスを理解するための分析視角 ― 観察可能なデータに基づく追跡可能な理解を求めて ― 富樫耕介

モルドヴァと沿ドニエストルの「共存」の選択 ― 和平交渉の検討をもとに(1992-97)― 松嵜英也

リトアニアにおける「ジェノサイド」― その言説の系譜と国内法における定義― 重松尚

第993号(2015年5月号)

<特集>ユーラシアにおける地域主義の新動向を探る

中央アジア諸国をめぐるリージョナル・セキュリティ・ガバナンス ―藤巻裕之

アフガニスタン新政権とSCOの新たな役割の可能性 ―ジェイソン・プラット

ロシアにおけるユーラシア主義の復権 ―タマラ・G・トロヤコヴァ

ロシアとISIL ―武田善憲

<資料紹介>旧ソ連諸国と普遍的/地域的国際機構への加盟状況 ―藤巻裕之

郊外電車の廃止をめぐって―今、ロシア国内では何が起こっているのか ―広岡直子

第992号(2015年4月号)

<特集>ウクライナ危機とロシア経済

ウクライナとロシアの経済危機と政策対応―為替相場の急落と新たな経済対策 一ノ渡忠之

経済危機下のロシア企業 加藤志津子

新たな危機を迎えたロシア経済 岡田 進

<書評>塩原俊彦『ウクライナゲート』 染谷武彦

第991号(2015年3月号)

<特集>ウクライナ危機下のロシアの政治と社会

アイデンティティの再確定迫られるロシア:ウクライナ危機をめぐって 中村裕

ウクライナ危機によって試されるロシアの軍事力整備 角田安正

ウクライナ問題をめぐるロシアの世論 鈴木義一

<書評>下斗米伸夫著『プーチンはアジアをめざす-激変する国際政治』 石郷岡建

第990号(2015年2月号)

<特集>ポーランドの経済と社会

ポーランドは何ゆえプラス成長を続けているのか-EU加盟以降を中心として-家本博一

ワルシャワ歴史地区の建設・破壊・再建 東保光彦一

ポーランドにおける儀礼屠殺をめぐる論争-信仰の自由、動物の保護、商業上の利益 小森田秋夫

ロシア・ユーラシアの経済と社会

第989号(2015年1月号)

<特集>モンゴル経済のポテンシャル

モンゴル経済の多様化の可能性:未開発の潜在力 エンフバイガリ・ビャムバスレン

<視察報告>モンゴル経済視察について 寺島栄一

<資料>モンゴル経済の主要統計

スロヴェニアの経済危機と政治危機 小山洋司

第988号(2014年12月号)

<特集>新しい経済学に向けて:移行国からの発信

新しいプラグマティズム:未来の経済学と政策立案に向けて グジェゴ・W・コウォトコ(里上訳)

<研究ノート>ロシアにおける政治経済学の復権

ユーラシアのエアポケット:環黒海地域と二つのフロントの内包する3つの危険 ―前田弘毅

<紹介>市場原理主義の危機と代替案―モスクワ経済ファーラムから―I.ウォーラーステイン、D.コッツ、D.レイブマン、D.レーン

第987号(2014年11月号)

<特集>ウクライナ―制度化された地政学の限界?

ウクライナの戦略的重要性とロシアの新たな軍事戦略 ―小泉悠

ウクライナ危機をめぐるEUの対応―経済制裁、連合協定、和平調停 ―東野篤子

ユーラシアのエアポケット:環黒海地域と二つのフロントの内包する3つの危険 ―前田弘毅

<資料>ウクライナ危機による地政学的緊張の欧州新興諸国への影響

第986号(2014年10月号)

<特集>ウクライナ危機の分析視角

ウクライナ危機とは、何だったのか?プーチン大統領の思惑とロシアの行方―疑問と考察 ―石郷岡建

ウクライナ経済の再生・転換は可能か―天然ガス消費問題を中心に ―服部倫卓

ウクライナ紛争下のロシア・ルーブル為替相場 ―安木新一郎

<資料改題>EU・ウクライナ連合協定の神話―事実を示す ―蓮見雄

第985号(2014年9月号)

<特集>日ロ経済関係・プーチンの東方政策と経済制裁

<特別寄稿>日ロ経済関係について イリーナ・レベデェワ

プーチンの極東指向とウクライナ騒乱 望月 喜市

経済制裁とロシア経済への影響 朝妻 幸雄

<統計資料>2014年上半期のロシア経済

第984号(2014年8月号)

<特集>第一次世界対戦とロシア:開戦100年

帝政ロシアと第一次世界大戦―「第二次祖国戦争」および1917年革命の歴史的意義を考え直す―エドワルド・バールィシェフ

第一次世界大戦断章―ロシア近衛隊をめぐって 広岡直子

<研究動向>ロシアにとっての第一次世界大戦 斉藤治子

第983号(2014年7月号)

<特集>原発事故と教育:ベラルーシから福島へ[Ⅱ]

はじめに 安藤聡彦

原発と環境教育:ベラルーシから考える 関啓子

ベラルーシ経済とエネルギー・原子力事情 岡田進・片貝哲男

<資料>小児リハビリ保養センター コストリッツァほか

<資料>放射線生態学:歴史と21世紀初頭における現状 アレクザーヒン

<資料>『放射線生態学と安全な生活の基礎:教師用指導書』

第982号(2014年6月号)

<特集>原発事故と教育:ベラルーシから福島へ[Ⅰ]

チェルノブイリ原発事故と<教育>―環境教育研究からのアプローチ― 安藤聡彦

放射線汚染のもとで子供の被ばくに向きあう―ベラルーシ共和国のリハビリ・健康増進センターに学ぶ― 境野健兒

<研究ノート>ベラルーシ共和国の教育制度 ミャグマル・アリウントヤー

<資料>2006-2010年の大統領プログラム「ベラルーシの子ども」

<資料>ベラルーシにおける放射線生態学教育の考え方 A.ルツコほか

第981号(2014年5月号)

<特集>モンゴル国:経済の現状と対日関係

モンゴル国経済のマクロ的概況と課題 由川稔

モンゴル経済を多様化させる金融の挑戦 チメドダグヴァ・ダシゼヴェグ、ダナースレン・ヴァンダンゴムボ

モンゴルと日本の関係:現状と未来 ゼルジャヴ・バルサン

第980号(2014年4月号)

<特集>プーチンニズムと現代ロシア政治の諸問題

プーチン大統領の極東シベリア戦略についての考察 石郷岡建

ロシア民族問題を巡るプーチン政権の「民族問題」観:大統領発言の分析を中心に 片桐俊浩

ロシア科学アカデミー改革法をめぐって 岡田進

第979号(2014年3月号)

<特集>中東欧における外国直接投資の再検討ド

中東欧10カ国のEU加盟と生産要素移動、直瀬藤投資と労働移動の動向と意義 安藤研一

ポーランドの経済特区再論-ある外資誘致政策の軌跡- 金子泰

《講演録》メジャー化するロシアビジネス 高橋浩

第978号(2014年2月号)

<特集>危機後の中東欧―ハンガリーとポーランド

危機後のハンガリー:政治経済の変容とその評価 柳原剛司

ポーランドの金融市場と司法―Amber Gold 事件に見るその一断面 小森田秋夫

長引く家計外貨建てローン問題と全面解決に向けた挑戦 鷲尾亜子

第977号(2014年1月号)

<特集>ロシアの社会・経済の現状と課題

労働関係の変容と現代ロシアの労働問題 岡田 進

ロシアのイノベーションシステム―現状と課題 三宅美栄

ロシア極東における石炭輸出能力の拡大計画について 安木新一郎

<書評>中村逸郎著『ろくでなしのロシア:プーチンとロシア正教』 関 啓子

第976号(2013年12月号)

<特集>ロシア極東を発展させるには~領土問題、ビジネス、農業~

北方領土問題解決への現実的な道-何が将来の真の国益にかなうのかを考えよう- 中澤孝之

<特別寄稿>極東における日ロ経済関係の考察~潮目の変化を見逃すな 富田実嗣

<特別寄稿>ソ連~ロシア、通貨ルーブルとの格闘記 吉田稔

ロシア極東農業:衰退から成長へ 斎藤大輔

第975号(2013年11月号)

<特集>クルグズ(キルギス)共和国における経済・開発の可能性と課題

クルグズ(キルギス)共和国における鉱物資源の可能性とグローバル化の中でのその重要性

イスマンバエヴァ・ジィベック(訳:富樫耕介)

クルグズ(キルギス)共和国に対する外国投資の分析 ラハット・サブルベコフ(訳:富樫耕介)

独立後のキルギス(クルグズ)共和国に対する国際援助―援助はキルギスを豊かにしたのか―マハバット・ウラコワ

おわりに:クルグズ(キルギス)共和国の課題と可能性 富樫耕介

第974号(2013年10月号)

<特集>クルグズ(キルギス)共和国における革命・紛争と民族関係

クルグズ(キルギス)共和国特集号の刊行にあたって:クルグズ共和国の概説 富樫 耕介

中央アジアとクルグズスタン(キルギス)における紛争の要因 エルス・ベウブトヴァ(訳:富樫耕介)

クルグズスタンにおける民族関係:ロシア人、ドゥンガン人、ウズベク人とクルグズ人との関係を中心に  中西 健

クルグズ(キルギス)共和国における「二度目の革命」はなぜ生じたのか:革命の経緯・要因の再考 ウラコワ・マハバット、富樫 耕介

第973号(2013年9月号)

<特集>ロシア政治と社会意識の動向

「止まらない若年エリートのロシア移出願望」保坂哲郎

「ロシアの反政府運動と『中間層』をめぐる意識動向」鈴木義一

「マグニツキー事件とロシアの腐敗」江頭寛

<書評>徳永昌弘著『20世紀ロシアの開発と環境-「バイカル問題」の政治経済学的分析』(吉田文和)
付記:書評の書名に誤りがありました。正しくは、上記の通りです。

第972号(2013年8月号)

<特集>北極フロンティア

<特別寄稿>ロシア大陸棚と石油・ガス開発―北極海及びオホーツク海に焦点を当てて 篠原建仁

バレンツ・ユーロ北極評議会(BEAC)の推進要因と今後の行方
下位地域協力からフロンティア地域協力へ生まれかわれるか 大西富士夫

安全保障における北極のインプリケーション 小泉 悠

第971号(2013年7月号)

<特集>ロシアとEUとの狭間で

モルドバにおける労働運動の現状 佐藤和之

グルジアの経済改革:成功か失敗か 岡田 進

<論文紹介>ウクライナとベラルーシの経済:20年の軌跡 L.ヴァルドムスキー、A. シュルボヴィチ

<定点観測>変わりゆくウラジオストク

ロシア沿海地方ハサン地区におけるLNG(液化天然ガス)事業について 安木新一郎

第970号(2013年6月号)

<特集>プーチン2.0の極東地域政策とアジア太平洋政策

ロシア極東地域の開発と地域政策の方針 ・ロシア極東地域の開発と地域政策の方針 A.ベロフ、I. フメリョフ

ロシア極東地域の開発体制をめぐる混乱と軋轢:極東発展省を中心に 堀内賢志

・2013年版「ロシア連邦の対外政策概念」における変化とその意味―アジア・太平洋地域を中心に―加藤美保子

第969号(2013年5月号)

<特集>ユーラシアの民族・文化・教育

ロシア連邦の先住少数民族政策と多文化・多民族共生教育の課題―サハ共和国の事例を中心として―岩﨑正吾

変わりゆくタタルスタン―新たな「民族」アイデンティティの構築に向けて―関 啓子

多・民族共和国の葛藤―タタール語歴史映画『ジョレイハ』を手がかりに―桜間 瑛

モンゴルにおける幼児教育の量的拡大政策―オルタナティブ学習をめぐって―ミャグマル・アリウントヤー

<書評>関啓子著『コーカサスと中央アジアの人間形成―発達文化の比較教育研究―村知稔三

第968号(2013年4月号)

<特集>ロシアのエネルギー政策の断面(続)

北東アジアの石炭需給とロシア石炭部門の動向 -森岡 裕

<論文紹介>石油ガス・セクター:現代化の諸問題 ―『新経済協会ジャーナル』誌円卓会議より

再論される旧東欧の年金改革 ― 柳原剛司『体制転換と社会保障制度の再編』に寄せて

<書評>田順平監修、渡邊三津子編『中央ユーラシア環境史3 激動の時代』 野村政修

第967号(2013年3月号)

<特集>ロシア政治経済の現況

エネルギー主導権巡るロシアの新たな内部抗争 -江頭 寛

プーチン大統領再選前後のロシア・ルーブル外国為替相場 -安木新一郎

<資料>プーチン大統領教書演説(抄訳)

<書評>堀内賢志・斎藤大輔・浜野剛編著『ロシア極東ハンドブック』 大野正美

最新号966号(2013年2月号)

<特集>中東欧の社会

ハンガリー年金制度の歴史的変遷と98年改革への道程 -佐藤壽寿子

EU加盟10年を迎えるポーランドのローマ・カトリック教会-高位聖職者に係わる「告発」に始まる一連の「見直し」論議 -家本博一

ポーランドの地域開発-町おこしの可能性 -和田正武

<書評>仙石学・林忠行編著『ポスト社会主義期の政治と経済-旧ソ連・中東欧の比較-』小山洋司

最新号第965号(2013年1月号)

<特集>ロシア・旧ソ連におけるジェンダー

タジク女性の声-タジキスタンミクロサーベイより-五十嵐徳子・雲和広 ロシアにおける政治的諸問題の文脈で見たサンクトペテルブルク危機センター(DVセンター)の歴史- ホドリョーバ・ナターリヤ ミクロデータを利用したロシア・旧ソ連諸国におけるジェンダー状況把握の可能性- 雲和広、マリーナ・ブルコヴァ

第964号(2012年12月号)

<特集>新プーチン政権の発足と課題(続)

ロシア経済の現段階と新プーチン政権の経済路線- 岡田 進 ロシア人はどんな国家体制を望んでいるか(社会学調査から) <研究ノート>宗教をめぐる紛争とアイデンティティ-バルカン半島地域の紛争を中心に- <論文紹介>ソ連:将来の社会主義のための10の教訓-A. ブズガーリン

第963号(2012年11月号)

<特集>ロシアのエネルギー政策の断面

中ロ関係-エネルギー資源の視点から- 酒井明司 ロシア原子力産業の海外進出-現状と問題点- 一ノ渡忠之 <書評>『現代ロシアの企業会計 会計・監査・税務』 田村八十一<書評>『中央アジアの教育とグローバリズム』 丸山英樹

第962号(2012年10月号)

<特集>移行経済諸国の再生可能エネルギー

片山博文「ロシアにおける再生可能エネルギーの現状と課題-太陽光発電産業を中心に-」 市川顕「ポーランドの再生可能エネルギー-EU気候・エネルギー政策と自国のエネルギー戦略の狭間で- 郭四志「中国における再生可能エネルギーについて」

第961号(2012年9月号)

<特集>多面的に見るチェチェン紛争

序章 チェチェンと北コーカサスの反乱への理解 エミール・スレイマノフ 第2次チェチェン紛争への道程-コソヴォ危機によるロシア・チェチェン関係の変化(1997-99年)- 野田岳人 <資料>長期国家経済政策についてのロシア連邦大統領令 チェチェン共和国における政治的争点としての「イスラーム」の出現過程(1997-99) 富樫耕介 チェチェン/北コーカサスにおけるテロリズムと不安定の拡大-チェチェン抵抗イデオロギーの転換とコーカサス首長国の創設- 玄承洙(ヒョン・スンス)

第960号(2012年8月号)

<特集>新プーチン政権と東アジア

東アジアを向くロシア極東―経済と物流の視点から― 辻久子 >科学技術大国化する中国―自主新技術開発への道― I.ツェリッシェフ <資料>長期国家経済政策についてのロシア連邦大統領令 <資料>対外政策路線に実現に関する措置のついてのロシア連邦大統領令 <書評>佐藤優著 「国家の罪と罰」望月喜市 変貌するロシアの司法制度(その3)―審級制度―

第959号(2012年7月号)

<特集>「現代化」の背景-ロシア、ウズベキスタン

ロシア経済の問題点と課題-企業調査を踏まえ 高橋浩 体制転換期の中小企業育成における国家の役割- ウズベキスタンの事例研究- Kan. V. 研究ノート EU・ロシア現代化パートナーシップ 蓮見 雄 <書評>岩崎一郎・鈴木拓著『比較経済分析:市場経済化と国家の役割』 中村靖

第958号(2012年6月号)

<特集>ソ連の経験とオルターナティヴな社会構想題

自由社会主義の到達と構想 松井 暁 ソ連の歴史的経験と社会変革論への示唆 森岡真史 研究ノート ソ連はどこまで社会主義だったか ロシア「批判的マルクス主義者」のソ連社会論 岡田 進 <書評>斎藤治子著『令嬢たちのロシア革命』関 啓子

957号(2012年5月号)

<特集>新プーチン政権の発足と課題

特別寄稿:選挙の前後に・・・?イリーナ・レベジェワ ロシア大統領選と政治システムの転換?江頭 寛 過渡期を迎えた集団安全保障条約機構-CIS空間におけるロシアの安全保障政策ー?角田 安正 書評:塩原俊彦著「プーチン2・0ー岐路に立つ権力と腐敗」染谷 武彦 書評:濱野道博「検証?キルギス政変?天山小国の挑戦」齊藤 治子

第956号(2012年4月号)

<特集>新生ロシアの教育改革20年

ロシア連邦の教育改革動向と研究の軌跡 川野辺敏 教育の貸与・借用理論、そのロシアへの波及 福田誠治 生涯に生きる学力の形成とロシア連邦のカリキュラム改革 -国際化への対応と普遍的学習行為の形成-岩﨑正吾 ロシアの生涯学習政策-労働市場における専門化の競争力向上へ向けて- 澤野由紀子 モスクワ市における移民の子供の教育保障 -普通教育学校におけるロシア語準備教育1年コースに焦点を当てて-グリゴリー・ミソチコ

第955号(2012年3月号)

<特集>ポーランドの歴史と現在

<特別寄稿>ポーランド年金制度における金融機関の役割 マレク・マズール 現代ロシア・ポーランド関係の一断面-カティンの森事件解明を巡る動きとロ・ポ関係改善の展望 岡野詩子 2011年ポーランド総選挙結果 田口雅弘 〉H.モウリッツェン、A.ウィヴェル編(蓮見雄、小林正英、東野篤子訳) 『拡大ヨーロッパの地政学-コンステレーション理論の可能性』 鈴木一人 武田友加著『現代ロシアの貧困研究』 五十嵐徳子

第954号(2012年2月号)

<特集>タンデム体制のロシア:4年間の総括

ウラジーミル・プーチン凱旋の謎 アレクセイ・キーワ メドベージェフ政権と「経済の近代化」 ―その位置づけと評価をめぐって― 左治木吾郎 メドべージェフ政権の改革がロシア政治に残すもの 片桐俊浩

第953号(2012年1月号)

<特集>経済改革20年:ロシアとベラルーシ

ロシアにおける経済システムの転形-市場移行の20年によせて- 岡田和彦 ベラルーシ経済の現状と特質-ロシア・モデルと対比して- 岡田進 経済格差と教育格差-教育問題の日中比較- 三田昌史

第952号(2011年12月号)

<特集>ロシア・中国・日本の住宅研究 ロシア長期家計モニタリング調査からみた居住環境と住宅政策の問題-道上真有・雲和広 中国における住宅金融の機能と発展の方向性- 中岡深雪 東日本大震災が日本の住宅市場・地価に与える影響と今後の政策- 足立基浩

第951号(2011年11月号)

<特集>ロシア、ウズベキスタン、タイの経営文化 <特別寄稿>-ロシア・ビジネスの活性化に向けて- 朝妻幸雄 「ウズベキスタンの経営文化-開発論における共同体像とマハッラの共同体像」 樋渡雅人 タイの経営文化 -知足社会の再生に向けて-   木村有里

第950号(2011年10月)

<特集>グローバル金融危機後の中東欧 政治循環と外資依存経済ーハンガリー政治経済動向 堀林巧 中東欧諸国の金融・経済危機と外国銀行 高田 公 <書評>ミリッツァ・ウヴァリッチ著「セルビアの移行ーよりよい将来に向けてー」小山洋司 中沢孝之著「ロシア革命で活躍したユダヤ人たち」 中谷昌弘

第949号(2011年9月号)

《特集》変貌するロシアと国民の社会意識 変貌するロシアの司法制度(その2)-裁判所体系- ロシアの経済危機と消費者の意識動向 <紹介> 市民の目から見た経済改革(サンクト・ペテルブルグ市と上海市との比較)編集 部 <資料>ペテルブルグ国際経済フォーラムにおけるメドベージェフ大統領の演説 <書評>今井雅和著「新興大国ロシアの国際ビジネス」田中宏

第948号(2011年8月号)

《特集》ケーニヒスベルクからカリーニングラードへ 特集にあたって 高岡裕之/橋本伸也 カリーニングラード形成史研究序説 橋本伸也 「ドイツ人追放」 ユーリー・コスチャショーフ 訳:橋本伸也 カリーニングラードとポーランド東部 クロスボーダー・リージョン 田口雅弘 カリーニングラード州経済の危機と展望 -リアリズムとリベラリズムのあいだで- 蓮見雄

第947号(2011年7月号)

コーカサス研究の最前線 グルジア紛争への道―バラ革命以降のグルジア政治の特徴について  前田弘毅 <特別寄稿> グルジア・ロシア関係と南オセチア問題 ボンド・クパタゼ 訳と解説:前田弘毅 ソ連初期南コーカサス史の研究に向けて -ザカフカス連邦(1922-1936)に関する先行研究と資料の概要- 竹村寧乃 2010年アゼルバイジャン国民議会選挙 立花優

第946号(2011年6月号)

《特集》今日のロシア:法と経済の諸相(続) 体制転換と住宅法制―ロシア2004年住宅法典の前と後―(その2) 篠田 優 ロシア沿海地方の木材加工業の現状と日本の影響について 安木新一郎 <紹介> ロシアの賃金モデルの特質 <紹介> ロシアにおけるビジネスと汚職 <書評> 久保庭真彰著『ロシア経済の成長と構造-資源依存経済の新局面-』吉井昌彦

第945号(2011年5月号)

《特集》今日のロシア:法と経済の諸相/体制転換と住宅法制―ロシア2004年住宅法典の前と後―(その1) 篠田 優/ 最近のロシア農業―生産力・経営・政策 岡田 進 <研究ノート> ロシア極東の金融経済好転の背景と展望2008~2010年白鳥 正明

第944号(2011年4月号)

《特集》変わるロシアの政治と社会/タンデムのロシアの現状―2012年をにらんで中村 裕 2012年大統領選に向けたロシアの内政、外交と対日政策の行方―2010年秋以降の北東アジア情勢を中心に―大野正美 財閥化するロシア正教会中村逸郎 <書評> 小田 健 著『現代ロシアの深層』望月喜市

第943号(2011年3月号)

《特集》ロシアの原子力産業 ロシアの核燃料サイクル開発の歴史と現状 藤井晴雄 大統領を先頭に原発輸出を目指すロシア 西条泰博 <資料> メドベージェフ大統領教書演説(2010.11.30) <書評> 日野秀逸著 「マルクス・エンゲルス・レーニンと協同組合 ―資本主義・社会主義・協同組合― 」岡田進

第942号(2011年2月号)

《特集》ハンガリー・ポーランド経済の深層 体制転換分析の陥穽 盛田常夫 世界金融危機下のポーランド経済 ミャチスワフ・W・ソハ 田口雅弘 <資料> 新政府への政策提言(仮訳)2010年7月1日 ハンガリー日本商工会 危機後の中央アジア経済 -出稼ぎ労働、水資源、パイプラインをめぐって- 蓮見雄

第941号(2011年1月号)

《特集》APECサミットを前にしたウラジオストク/ <特別寄稿> 極東ロシアとのビジネスの現状―日本製品の輸出の事例を中心に―濱野 剛 ロシア東部諸地域のエネルギー資源開発・輸出戦略と沿海州の役割 杉本 侃 連邦主導の開発の進展と沿海地方・ウラジオストクの政治情勢堀内 賢志 2012年APECサミット開催にかかるウラジオストクの発展―現状と課題― 諸富 学

第940号(2010年12月号)

《特集》ロシア自動車産業における多国籍企業の経営戦略/<特別寄稿>これからが正念場の民主主義―キルギス国会議員選挙の結果について―浜野道博 現代自動車のグローバル展開におけるロシア市場参入の特徴―ライセンシングから子会社KD生産へ―富山栄子 塩地 洋 回復の兆しを見せ始めたロシアの乗用車市場 坂口 泉 ロシア進出多国籍企業の現地経営における課題と対応―自動車産業を事例とした一考察― 李 澤建

第939号(2010年11月号)

《特集》ロシア、中国、イスラームの経営文化/ロシアの経営文化―Hofstede理論に基づいて―加藤 志津子 転換期を迎える中国の経営文化 ―陰陽和合のダイナミズムを手掛かりに― 高久保 豊 イスラームの経営文化 ―法・パートナーシップ・信用―櫻井 秀子 <書評> 中兼和津次著『体制移行の政治経済学―なぜ社会主義国は資本主義に向かって脱走するのか―』浅川 あや子

第938号(2010年10月号)

《特集》ロシア・ユーラシアの地政学的位相/ <特別寄稿> カザフスタンと中央アジアの新グレートゲーム松井 啓 世界恐慌とロシア・ユーラシアの国際金融情勢白鳥 正明 新「軍事ドクトリン」にみるロシアの軍事戦略の変化―勢力圏的発想、脅威認識、核兵器の使用規定を中心に―兵頭 慎治 構造的軍事化、戦時動員備蓄およびロシアの失敗した移行スティーヴン・ローズフィールド訳 小川 洋司

第937号(2010年9月号)

《小特集》「ポスト社会主義」の民族地域問題/ <特別寄稿> ロシア経済の現状と今後の方向性について ― サンクト・ペテルブルグからの報告 ― 朝妻 幸雄 変貌するロシアの司法制度(その1)― 権力分立と司法  小森田 秋夫 <小特集>「ポスト社会主義」の民族地域問題 イングーシ共和国における政治的危機とその背景富樫 耕介 コソボ独立とアルバニア人のナショナリズムの質的変容  金森 俊樹

第936号(2010年8月号)

特集「ロシアと中国の産業構造」/ ロシア経済の産業構造とスカイラインチャート久保庭 眞彰 中国経済の地域産業構造王 在喆 対露進出からみる中国民族系自動車メーカーの海外進出戦略 李 澤建 

第935号(2010年7月号)

特別寄稿「日露ビジネス半世紀の軌跡」/ 小特集「欧州の周辺―クロアチア、ウクライナ」 <特別寄稿> 日露ビジネス半世紀の軌跡 ―ビジネスを通してロシアの心をつかむ―遠藤 寿一 <小特集>欧州の周辺―クロアチア、ウクライナ EU加盟を目指すクロアチアとその課題小山 洋司 オレンジ革命の終焉―2010年ウクライナ大統領選挙の分析― 石郷岡 建

第934号(2010年6月号)

特集「ロシアの金融・経済危機」/ 世界恐慌とロシアの金融危機対策(2008~10年)白鳥 正明 ロシアの08-09年金融・経済危機 岡田 進 <紹介> 経済危機下のロシア市民の日常生活 (社会学調査から) 2009年ロシアにおける鉄貨の発行をめぐって安木 新一郎

第933号(2010年5月号)

特集「世界と北東アジアのエネルギー事情」/ 経済から見た世界のエネルギー事情藤岡 明房 ロシアのエネルギー資源をめぐる北東アジア諸国の動き坂口 泉 中国経済の高度成長とエネルギーの問題点郭 四志 日本のウィーン売買条約加盟によるロシア企業と日本企業間の売買契約への同条約の適用について吉田 一康 <書評> Crisis in Economics;Studies in European Political Economy 坂出 陽子

第932号(2010年4月号)

特集「中央アジアと日本」/ 「中央アジア」はユーラシアの失われた環河東 哲夫 中央アジアのダイナミズム堀江 則雄 中央アジアと日本廣瀬 徹也 <参考資料> 中央アジアと日本:参考資料 日本・中央アジア関係年表

第931号(2010年3月号)

特集「ロシア社会の現況と課題」/ <特別寄稿> 危機に立つロシア経済と教育オレグ・スモーリン 2012年にらむロシアの政治闘争江頭 寛 ユーラシア諸国の労働運動佐藤 和之 ―モルドバとロシアの事例を中心に― <資料>メドヴェージェフ大統領教書演説2009年11月12日

第930号(2010年2月号)

特集「ポーランドの競争力と労働市場」/ ポーランドにおける移民動向と国内労働市場 家本博一 ―国内労働市場の変化はいかなるものか― <資料紹介> ポーランド競争力レポート2008年版 小山洋司 <書評> 小森田秋夫 『体制転換と法―ポーランドの道の検証』 小林公司

第929号(2010年1月号)

特集「上海協力機構とその周辺」/ 「ロシアのアジア政策と上海協力機構」中野潤三  「中国の国際戦略と上海協力機構」趙 宏偉 「グローバル危機を乗り越えるアジア: 大発展途上経済に主導された成長」イヴァン・ツェリッシェフ <紹介> 「ロシア・中国をめぐる国際経済関係とポスト・ソビエト経済統合」 (ロシアの研究者の論稿から)

第928号 (2009年11-12月号)

創刊50周年記念号2009年11-12月合併号

特集「体制転換を総括する―市場化と制度化の到達点」ユーラシア研究所創立20周年・本誌創刊50周年に寄せて 小森田秋夫

「体制転換と制度の政治経済学」八木紀一郎  「体制転換とロシア・マクロ経済」西村可明 「ロシア企業の体制転換」加藤志津子 「「再集権化」過程のロシア国家」竹森正孝 「中国「社会主義」の「体制転換」―何から何への「転換」か」 上原一慶 「中国の企業システムにおける体制転換」 苑志佳 「中国の改革開放30年を評価する-制度化の視点から」毛里和子 「ハンガリーの体制転換」盛田常夫 「ポーランド体制転換とキャッチアップ」田口雅弘 「中・東欧諸国:EUの経験」田中素香

第927号 (2009年10月号)

《特集》 ロシアと中国の小売市場と小売業の国際化/ロシアの小売企業と店舗フォーマットの移転今井 雅和  日系小売業の中国進出と中国小売業‥ 竹ノ内 秀行 小売業の海外市場における操業パフォーマンスに影響する要因分析 ~カルフールを事例として~‥ 今井 利絵 定点観測 変わりゆくウラジオストクロシア沿海地方におけるカジノ特区計画の現状 安木 新一郎

第926号 (2009年9月号)

《特集》 東西経済協力の過去と現在/東西欧州貿易の歴史的意味/ ―冷戦期におけるECの経済外交戦略―永澤 雄治 ロシアにおける外国資本の導入と地域経済への影響―サハリン資源開発プロジェクトの事例研究― 菅沼 桂子 《研究ノート》ロシアの電力事情森岡  裕 〈統計資料〉2009年上半期のロシア経済

第925号 (2009年8月号)

《特集》どうなる?資源大国ロシアー特別シンポジウムから/ロシアの石油産業小森 吾一 ガスプロム-輸出戦略の現況酒井 明司                                  世論調査から見た発足1年後のメドべージェフ=プーチン政権中澤 孝之 モスクワ金融センター構想について白鳥 正明 ユーラシア研究所編、玄承洙・李雄賢訳ハングル語版『復活する資源大国ロシア』序文 蓮見 雄

第924号(2009年7月号)

《特集》 東アジア経済統合と中国/世界金融危機を契機として―中・日・韓・ロの地域貿易自由化への道‥ 趙 伝 君 (毛士勇 訳) 東アジアの一体化と中国のFTA戦略についての研究‥ 陳 迅/李 麗(張 黎 訳) 中国西部地域における経済の接続可能な発展のための人的資源開発戦略段興民 / 李従容 /陳(張 黎 訳)  <文献紹介> 喬為国 『中国高投資率低消費率研究』酒井 正三郎

第923号 (2009年6月号)

《特集》ロシアの自動車市場/ 中国民族系メーカの対ロシア市場戦略 ― 奇瑞汽車、長城汽車、吉利汽車のケース ― 富山 栄子 ロシア市場向け自動車輸送事情 ‥ 辻  久子 ロシアの自動車市場におけるアフトトル・グループ   ― 主たる競争優位としてのカリーニングラード経済特区特恵 ― ‥ A.ウサノフ(蓮見 雄 訳)  <シリーズ 定点観測>変わりゆくウラジオストク 関税引き上げと極東中古車ビジネスの今後‥ 斎藤 大輔 <図書紹介> 日本におけるCIS中央アジア ― 6冊のブックレットを読んで ―木村 英亮 

第922号(2009年5月号)

《特集》 体制転換後ロシアにおける社会主義運動/ ロシアにおける「刷新された社会主義、21世紀の社会主義」の可能性   ―ロシア連邦共産党「新版綱領」に見る―長砂 實 <紹介> 共産主義の実在性・・ A.ブズガーリン <資料> ロシア連邦共産党綱領(新版 レシェク・バルツェロヴィチの制度論(2・完)平手 賢治

第921号(2009年4月号)

《特集》 2年目を迎えるメドヴェージェフ政権/メドヴェージェフ大統領就任1年・・ 石郷岡 建 オバマ米新政権下で変わる米ロ関係江頭 寛<統計資料>世界金融危機下のロシア経済 <資料> メドヴェージェフ大統領教書演説(全文)

第920号 (2009年3月号)

《特集》 ロシア・グルジア紛争の検証/コーカサス地域の視点から捉える/ グルジア紛争とその影響・・廣瀬 陽子 グルジア問題をめぐるロシア外交 ―強気の外交姿勢を支える3つの国内要因―兵頭 慎二 EUの対グルジア政策 ―1990年代からグルジア紛争まで―東野 篤子 北方領土問題の解決に向けて:運動論からの考察望月 喜市

第919号(2009年2月号)

《特集》 変貌する中東欧の労働と産業/ポーランド国内労働市場の変化とその実態 ―ポーランド固有の問題点を解決する糸口・・家本 博一 変貌する中東欧自動車産業―FDI主導の産業再編と欧州生産ネットワークの形成細矢 浩志 レシェク・バルツェロヴィチの制度論(1)―体制移行論の基礎としての制度論平手 賢治

第918号(2009年1月号)

《特集》 ロシア極東地域開発の新展開と課題/ ユーラシア研究所創立20周年・「ロシア・ユーラシア経済―研究と資料」発刊50周年に際して   ・・斎藤 治子   ロシア極東地域の経済開発計画と同計画におけるネルギー資源の位置づけ・・杉本 侃 <特別寄稿> ロシア極東地域の開発と北東アジア諸国の労働市場の統合  ―2012年ウラジオストクAPECサミットを見据えて―ユーリー・アブデーエフ ロシアにおける地域政策の転換と極東地域開発の進展 ―地域発展省のイニシアチブを中心に― 堀内 賢志 〈シリーズ 定点観測〉 ロシア極東への架け橋 ウラジオストクにおける日本語教育 田村 愛火

第917号(2008年12月号)

特集:内陸アジアの経済と社会/ <特別寄稿>グローバル化と脱工業化の時代におけるカザフスタンと日本のナショナル・アイデンティティの発展          ・・B.タチベコフ   <特別寄稿> モンゴル国の医療事情・・Sh.チョローナー 〈紹介〉 クルグズスタン経済の現状と発展戦略・・T.コイチュエフ タジキスタン経済の現況 〈文献紹介〉 ソ連経済の光と影―L..アバルキン編『ソ連経済史』について岡田 進

第916号(2008年11月号)

特集:ロシア資本主義の現段階/ グローバリゼーションとロシア資本主義の現段階 -アプローチ方法とその位相を中心に-・・左治木 吾郎(東京国際大学国際関係学部教授) ロシア・中国の私有企業に関する一つの考察 -モスクワ市と北京市の大衆調査の分析を中心に-葉 剛(東北大学大学院国際文化研究科准教授) 〈研究ノート〉 ロシアの公共事業制度 ФЦПと ФАИП・・白鳥 正明(元富山国際大学教授) 〈書評〉 田畑伸一郎編著 『石油・ガスとロシア経済』 望月 喜市(北海道大学名誉教授)

第915号(2008年10月号)

小特集:ロシアの社会政策と国民生活/ ロシアの社会政策と「国家プロジェクト」・・岡田 進(東京外国語大学名誉教授) 〈紹介〉ロシア社会の階層構造と生活水準の階層間格差 〈統計資料〉国民の生活水準 東シベリア太平洋パイプライン・コジミノ石油港建設について安木 新一郎(大阪市立大学大学院、前在ウラジオストク日本国総領事館専門調査員) 〈シリーズ 定点観測〉変わりゆくウラジオストク/ APEC開催準備に向けたウラジオストクにおける「垂直的権力」の強化・・堀内 賢志(早稲田大学社会学部助教) 〈書評〉ロイ・メドヴェージェフ著『スターリンと日本』寺山 恭輔(東北大学東北アジア研究センター准教授

第914号(2008年9月号)

特集:北東アジアのエネルギーと環境 <特別寄稿> ロシアのエネルギー事情―北陸の視点から―   朝倉 紀彦(北陸環日本海経済交流促進協議会理事・調査部長) 中国の環境問題の諸位相‥金 丹(富山大学極東地域研究センター研究員)龍 世祥(富山大学経済学部教授) ロシア東部の石炭部門の発展戦略 ―北東アジアでのエネルギー貿易の視点から―‥森岡 裕(富山大学経済学部教授) 〈書評〉 郭 四志著『中国石油メジャー―エネルギーセキュリティの主役と国際石油戦略―』葉 剛(東北大学大学院国際文化研究科准教授)

第913号(2008年8月号)

特集:ロシアの政治とビジネス/ <特別寄稿> 「タンデム政権」と産業政策 ‥月出 皎司 <特別寄稿> ロシア市場の特殊性―政治に翻弄されるビジネス‥坂井 光 メドベージェフ新政権とエネルギー資源ビジネス‥中津 孝司 外国大手自動車メーカーの対ロシア戦略‥富山 栄子 〈書評〉 畦池裕・岡田邦生・芳地隆之・中居孝文著『ロシアビジネス成功の法則』吉田 一康 

第912号(2008年7月号)

特集:新興多国籍企業―中国発・ロシア発 中国家電企業の経営構造改革と国際化戦略 ~海爾集団の事例分析と他社との比較検討~天野 倫文 ロシア民間資本の海外展開のインプリケーション音羽 周 ロシア版国際ビジネス研究を考える今井 雅和 〈定点観測〉 変わりゆくウラジオストク 大規模国家プロジェクトの意義―石油パイプラインとAPECサミット・・安木 新一郎

第911号(2008年6月号)

特集:メドヴェージェフ政権の発足と課題/ プーチン政権下の政治改革とメドヴェージェフ大統領上野 俊彦 ロシア双頭体制化の極東政策‥望月 喜市 メドベージェフ新大統領の考察江頭 寛 〈書評論文〉 バルト海からシベリア・ランドブリッジを考える-辻久子著『シベリア・ランドブリッジ-日ロビジネスの大動脈』を読んで-(下)・・蓮見 雄 〈書評〉池本修一・岩崎一郎・杉浦史和編著 『グローバリゼーションと体制移行の経済学』源河 朝典

第910号(2008年5月号)

特集:シベリア・ランドブリッジの未来/ 『シベリア・ランドブリッジ-日ロビジネスの大動脈』-その後の展開辻 久子 /ロシア沿海地方、ウラジオストク市の住宅市場・・道上 真有 〈書評論文〉 バルト海からシベリア・ランドブリッジを考える-辻久子著『シベリア・ランドブリッジ-日ロビジネスの大動脈』を読んで-(上)・・蓮見 雄 〈書評〉藤田 勇著 『自由・民主主義と社会主義』竹森 正孝

第909号(2008年4月号)

特集:ロシア農業の新動向/ 〈特別寄稿〉ロシア農業における不動産金融の再生・・アリハン・キビロフ/ロシア農業の現状と新しい農業政策・・岡田 進/〈資料〉「農業の発展について」の連邦法/〈資料〉「2008-2012年の農業発展国家プログラム」/〈書評〉奥田央編『20世紀ロシア農民史』足立芳宏/〈書評〉マルコルム・ウォーナー他著、加藤志津子監訳『市場経済移行諸国の企業経営』音羽周

第908号(2008年3月号)

特集:ロシア新体制の行方/ ロシア下院選挙とメドヴェージェフ大統領候補の指名石郷岡 建/経済大国ロシアの行方と問題点イワン・ツェリッシェフ/〈紹介〉ロシア経済の発展の諸問題(「実業ロシア」の経済報告より)/西バルカン紀行小山 洋司/〈学会展望〉ロシア革命90周年における社会主義論木村 英亮/〈書評〉社会主義理論学会編『グローバリゼーション時代と社会主義』佐藤和之

第907号(2008年2月号)

特集:ポーランド-統合の道程と道標/ EU加盟以降におけるポーランド労働市場の現実-その特徴と問題点-・・家本 博一/体制移行論における統合的視座-教皇ヨハネ・パウロⅡ世の『記憶とアイデンティティ』に即して-平手 賢治/シリーズ 定点観測 ロシアの経済と法ロシアでの外国仲裁判断の執行について吉田 一康/〈書評〉苑志佳編『中東欧の日系ハイブリッド工場』大石 達良

第906号(2008年1月号)

特集:ロシアの知と日本/ 〈特別寄稿〉日本IT産業の課題と極東ロシアIT産業の可能性中村 真規/ロシアの技術情報収集紹介活動からみた日ロ技術交流の実績と展望・・徳田 由佳子・徳田 昌則/味の素のメタナショナル経営-ロシアの知識を活用する-今井 雅和

第905号(2007年12月号)

特集:政治の季節迎えるロシア/ プーチン政権8年-プーチンの自己評価と国民のプーチン評価永綱 憲悟/ロシアの権力継承シナリオ江頭 寛/〈紹介〉アガンベギャン氏が語るロシア経済の現状/〈定点観測 ロシア極東への架け橋 2〉ロシア極東における日本居留民史の研究成果田村 愛火/〈書評〉デービット・レーン著、溝端佐登史ほか著/訳 『国家社会主義の興亡』加藤 志津子/2005-2007総目次

第904号(2007年11月号)

特集:ロシア革命90年/ ロシア革命の世界史的位置斎藤 治子/ソ連革命90周年に寄せて-マルクス主義社会の原理と帰結-望月 喜市/十月革命の性格について岡田 進/〈紹介〉ロシアのナショナル・プロジェクト:理念と実際D.ソローキン/〈書評〉小山洋司・冨山栄子著『東欧の経済とビジネス』今井 雅和

第903号(2007年10月号)

特集:エネルギー安全保障とユーラシア/ 北東アジアのエネルギー需給とロシア東部のエネルギー戦略・・森岡 裕/EUの対外エネルギー政策とユーラシア蓮見 雄/〈紹介〉ロシアのエネルギー戦略はどうあるべきか-M.デリャーギン博士に聞く-/〈シリーズ 定点観測 ポーランドの声〉ポーランドの出稼ぎ移民問題抜井 宏樹

第902号(2007年9月号)

特集:移行期における教育改革 21世紀初頭ロシアの教育戦略岩崎 正吾/ロシア連邦におけるシティズンシップ教育の展開嶺井 明子・ゴロバノバ・エフゲーニヤ/クルグズスタンの教育改革と国民形成関 啓子/〈資料〉2007年プーチン大統領教書演説(全訳)

第901号(2007年8月号)

特集:EU拡大と南東欧/ ブルガリアのEU加盟-課題と展望-ディミター・ヤルナゾフ/ルーマニアの経済パフォーマンスとEU加盟吉井 昌彦/10年遅れで始まったセルビアの市場経済移行と欧州統合小山 洋司/西バルカン諸国のEU加盟プロセス東野 篤子

第900号(2007年6-7月号)

〈創刊900号記念特大号〉

本誌創刊900号に寄せて斎藤 治子/特集:蘇るロシア:その光と影 ロシア経済の現状と課題岡田 進/「エネルギー大国」ロシアの虚と実坂口 泉/ロシア金融経済の現況-マクロ金融フレームワークの作成と分析-中村 靖/国際資本市場とロシア企業のIPO白鳥 正明/主権民主主義-国家イデオロギーの再鋳造-中村 裕/ロシア社会と世論鈴木 義一

第899号(2007年5月号)

小特集:ロシアの地域経済と地域政策/ ロシアにおける経済地理学の課題と現代ロシア地域経済P.バクラーノフ、雲 和広/ロシア極東における地域開発の進展と中央・地方関係の展開・・堀内 賢志/<シリーズ・定点観測>日本の沿岸諸都市とロシア極東の交流(1)・・田村 愛火/ <紹介> G.ポポフ「社会主義からの離脱の諸問題」・・解説・翻訳 小野 一郎/ <統計資料> 2006年のロシア経済

第898号(2007年4月号)

小特集:市場経済化への視座/ ロシア資本主義の構造分析へ向けて・・岡田 和彦/「市場経済化」と「労働・人間疎外の克服」-(2)「社会主義と市場経済」理論的概観をとおして-芦田 文夫/1956年ハンガリー蜂起の国際関係について-国際政治の文脈におけるソ連共産党中央委幹部会による決定-T.クラウス/〈政治の動き・経済の動き〉プーチン大統領の米国批判演説石郷岡 建/〈書評〉コルナイ・ヤーノシュ著/盛田常夫訳『コルナイ・ヤーノシュ自伝』田中 宏

第897号(2007年3月号)

特集:欧州北部の地域協力とロシア/ 欧州近隣諸国政策時代のダイメンショナリズムの妥当性-ノーザン・ダイメンションの場合H.ハウッカラ/グローバリゼーション時代のカリーニングラード-ロシア・EUの和解におけるその役割N.スモロジンスカヤ/欧州北部におけるクラスターの形成とロシア蓮見 雄

第896号(2007年2月号)

特集:EU加盟3年目を迎えるポーランド/ ポーランド体制移行過程における「試行錯誤」家本 博一/ポーランド政治経済の現状・・抜井 宏樹/〈書評と紹介〉田口雅弘著『ポーランド体制転換論-システム崩壊と生成の政治経済学』を読んで家本 博一

第895号(2007年1月号) リニューアル創刊号

特集:ロシアビジネスの新展開/ ロシアのソフトウェア産業:ITビジネスはロシア経済を変えるか?今井 雅和/グローバルマーケティングからみたロシア市場とロシアとビジネス富山 栄子/現代ロシアにおける国家とビジネスの関係-ロシア版官民パートナーシップの成立をめぐって-音羽 周/〈研究ノート〉ロシアの中小企業会計(研究ノート)森 章

第894号(2006年12月号)

「市場経済化」と「労働・人間疎外の克服」-(1)旧ソ連・ロシアにおける「経済改革」と「体制転換」をとおして-芦田 文夫/ロシアの国際商事仲裁と裁判管轄について吉田 一康/〈政治の動き・経済の動き〉牙をむき始めたロシアの資源ナショナリズム江頭 寛/〈紹介〉反骨の歴史家による社会主義の擁護(ロイ・メドヴェージェフ著『ロシアにおける社会主義?』について)岡田 進/〈書評〉H.カレール・ダンコース著 石崎晴己・東松秀雄訳『レーニンとは何だったか』染谷 武彦/〈統計〉2006年1-9月のロシア経済

第893号(2006年11月号)

〈特集〉コーカサスを読み解く/ 独立後15年のアゼルバイジャン:石油ブームと権威主義体制の中で廣瀬 陽子/アルメニアから見たロシア吉村 貴之/グルジアにおける人間形成~比較研究の試み~関 啓子/〈ロシア経済論調〉市場原理主義か国家の役割の強化か(経済政策の選択をめぐる論争から)/〈書評〉加藤志津子著『市場移行期のロシア企業-ゴルバチョフ、エリツィン、プーチンの時代』望月 喜市/〈統計〉2006年1-8月のロシア経済

第892号(2006年10月号)

〈特集〉日ソ(ロ)国交回復50周年/ 日ソ共同宣言50周年によせて・・斎藤 治子/領土問題への新しいアプローチ望月 喜市/プーチン大統領残りの二年間と日ロ関係コンスタンチン・サルキソフ/回想の日ソ貿易・・近藤 房夫/〈統計〉2006年1-7月のロシア経済

第891号(2006年9月号)

シベリア・ロシア極東の燃料・エネルギーコンプレクスの発展戦略森岡 裕/G8サミットとロシア外交斎藤 治子/〈紹介〉ロシア-CIS関係の現状(N.フェドウーエワの論文から)/〈ロシア産業の現況〉農工複合体/〈学会展望〉比較経済体制学会と社会主義理論学会木村 英亮/〈統計〉2006年1-6月のロシア経済

第890号(2006年8月号)

欧州連合(EU)加盟初年度におけるスロヴァキアの農業助成金マリアン・ボジーク 訳:木村 英明/チャヤーノフ研究からヴェーバー研究へ-体制転換の中でのロシア思想史研究の一事例-小島 定/〈紹介〉転換期ロシアにおける市民社会と民主国家/〈資料紹介〉「ロシア連邦社会・経済発展中期(2006~08年)展望計画」について保坂 哲郎/〈資料〉上海協力機構5周年宣言/〈統計〉2006年1-5月のロシア経済

第889号(2006年7月号)

〈特集〉プーチン・ロシアのエネルギー戦/ エネルギー対話-ロシアとEUの同床異夢・・蓮見 雄/ユーラシア・エネルギー戦略の展開・・堀江 則雄/〈ロシア産業の現況〉石油・ガス産業/〈資料〉2006年プーチン大統領教書演説(上)/〈書評〉中村平八 著『ソ連邦からロシアへ ロシアはどこへ行くのか』木村 英亮/〈資料紹介〉ロシア企業の市場への適応/〈統計〉2006年1-4月のロシア経済

第888号(2006、6月号)

京都議定書「第2約束期間」問題についてロシアが政府が行った見解表明について・・田中 雄三/ウクライナ総選挙-オレンジ革命への幻滅・・石郷岡 建/〈紹介〉東シベリア太平洋パイプライン建設問題の研究:兼清賢介氏の論考をベースとして・・望月 喜市/〈ロシア経済論調〉ペレストロイカを振り返って・・ボリス・スラーヴィン/〈資料紹介〉ロシア企業の市場への適応/〈統計〉2006年1-3月のロシア経済

第887号(2006、5月号)

ペテルブルグの社会的空間:人と投資ユーリー・ヴェセローフ 堀川 敦史/大規模経営か家族経営か-経営形態から見たロシア農業の現状-岡田 進/〈統計資料〉2005年のロシア経済(国家統計局のデータから)/〈ロシア産業の現況〉冶金業/〈統計〉2006年1-2月のロシア経済

第886号(2006、4月号)

新経済政策と独立採算制について-埋もれた文献にみる所論-森 章/国民資産システムについてドミトリー・リヴォフ/〈紹介〉ロシア人は所有をどう見ているか(世論調査のデータから)/〈資料紹介〉ロシアの中期財政計画(2006-2008年)について(前回省略した部分の補遺)望月 喜市/〈図書紹介〉瀬戸岡 紘『アメリカ 理念と現実』木村 英亮/〈統計〉2006年1月のロシア経済

第885号(2006、3月号)

ロシア社会に広がる極右排外民族主義・・石郷岡 建/〈研究ノート〉ロシアの大企業40社白鳥 正明/〈資料紹介〉ロシアの中期財政計画 (2006-2008年)について望月 喜市/〈分析〉ロシア経済:2005年の実績と2006年の展望/〈ユーラシアの国ぐに〉4か国単一経済空間:現状と展望/〈ロシア・極東経済時評〉ロシアとウクライナとのガス紛争 市場経済のルールで妥協成立エネルギー供給源の分散化を図れ望月 喜市/〈統計〉2005年のロシア経済

第884号(2006、2月号)

生き残った旧東ドイツの協同組合農業-グリューナ登記農業協同組合訪問記-谷江 幸雄/2002年人口調査から見えるロシア保坂 哲郎/〈翻訳〉ロシアにおける混乱-ロシアの要塞化への千鳥足の歩み-スティーヴン・ローズフィールド  訳:小野 洋司/〈政治の動き・経済の動き〉ロシア大統領後継へ重要人事江頭 寛/〈ロシア・極東経済時評〉ロシアとウクライナとのガス紛争 市場経済のルールで妥協成立エネルギー供給源の分散化を図れ望月 喜市/〈統計〉2005年 1-11月のロシア経済

第883号(2006、1月号)

新しい下院選挙と集権化竹森 正孝/ポーランド人教皇の在位された26年間家本 博一/〈ロシアから見た日露関係〉⑥産業・科学協力Yu. D. デニソフ/〈ロシア経済論調〉経済政策についての覚え書ヴィクトル・イヴァンチェル/〈書評〉中村逸郎著『帝政民主主義国家ロシア-プーチンの時代』堀川 敦史/〈統計〉2005年1-10月のロシア経済

第882号(2005、12月号)

ウクライナの昨今についてのスケッチ長砂 實/ロシアの企業における労働と権力  その2:人民企業-形式から内実へセルゲイ・アシーノフ/ビクトル・ブクレーエフ/エミール・ルーディック〈紹介〉ロシア人の目から見た20年前のペレストロイカ/〈資料〉1993-2003年の民営化についてのロシア連邦会計検査院報告(抜粋)/〈統計〉2005年1-9月のロシア経済

第881号(2005、11月号)

特典の貨幣化の問題をめぐって岡田 進/中国とロシアの移行経済の理論と現実-上原一慶編著『躍動する中国と回復するロシア:体制転換の実像と理論を探る』について-酒井 正三郎/〈ロシアから見た日露関係〉日本の経営の研究へのアプローチの変遷・・T.N.マトルーソワ/〈資料〉2006年ロシア連邦予算案について/〈統計〉 2005年1-8月のロシア経済

第880号(2005、10月号)

カフカースにおけるグローバリゼーションと人間形成関 啓子/ロシアの企業における労働と権力その1:経済参加の理念と実際ヴィクトル・アレクセーエフ、エミール・ルーディック/〈紹介〉「海賊」資本主義の構造分析-S.メンシコフ著『ロシア資本主義の解剖』について-・・岡田 進/〈書評〉ロバート・サーヴィス 著 中嶋毅 訳:『ロシア革命1900-1927』/クレイム・ギル 著 内田 健二 訳:『スターリニズム』木村 英亮/〈統計〉 2005年1-7月のロシア経済

第879号(2005、9月号)

ロシア財務会計の費用について(2)森 章/〈ロシアから見た日露関係〉④日本の経験についての研究の新傾向・・I.P.レベジェワ/〈ロシア経済論調〉経済は人間的なものでなければならない-ニコライ・シュメリョフ科学アカデミー会員に聞く-/〈資料〉ロシアのWTO加盟をめぐって/〈統計〉 2005年上半期のロシア経済

第878号(2005、8月号)

〈特別寄稿〉民主化15年を迎えたモンゴル国の政治経済の諸課題サンジャースレンギーン・オユン、 訳 由川 稔/ロシア財務会計の費用について(1)森 章/〈資料〉2004年のロシアの国際収支と対外債務(ロシア中央銀行のデータによる)/〈書評〉田中 宏 著:『EU加盟と移行の経済学』家本 博一/〈統計〉2005年1-5月のロシア経済

第877号(2005、7月号)

ロシアの議会・大統領選挙と世論鈴木 義一/ロシア民営化10~15年の総括によせて-オリガルヒ資本主義から官僚的資本主義へ-(下)中江 幸雄/〈ロシアから見た日露関係〉③今日のロシアにおける日本のイメージ:ステレオタイプと現実・・A.E.クラーノフ/〈統計〉2005年1-4月のロシア経済

第876号(2005、6月号)

プーチン政権下における公共サービスと住民意識中村 逸郎/ロシア民営化10~15年の総括によせて-オリガルヒ資本主義から官僚的資本主義へ -(下)・・中江 幸雄/〈紹介〉マルクスの遺産と現代の経済学 -『経済の諸問題』誌上での論争から-/〈ロシアの発展戦略〉 法律と投資環境/〈資料〉2005年プーチン大統領教書演説/〈統計〉2005年第1四半期のロシア経済

第875号(2005、5月号)

最近のロシア連邦政府の行政・予算改革をめぐる動向保坂 哲郎/ロシア民営化10~15年の総括によせて-オリガルヒ資本主義から官僚的資本主義へ-(上)・・中江 幸雄/〈統計資料〉2004年のロシア経済(国家統計局のデータから)

第874号(2005、4月号)

ロシア鉄道改革第2期の現状と課題白鳥 正明/〈研究ノート〉ロシアとEU-共通経済圏構想を中心に-粟田 聡/〈統計資料〉どうなる、今年のロシア経済-科学アカデミー経済研究所の経済予測から-/〈書評〉西村可明 著『ロシア・東欧経済-市場経済移行の到達点-』/大津定美・吉井昌彦編『ロシア・東欧経済論』小山 洋司

第873号(2005、3月号)

ロシアの燃料戦略:「ガスプロム」社を中核とする石油・ガスの国家管理の確立(上)望月 喜市/「ロシアから見た日露関係」①平和条約のない関係から平和条約のある関係へS.V.チュグロフ/〈書評〉佐治木吾郎 著『移行と開発の経済学』・・佐藤 和之

第872号(2005、2月号)

ロシアの燃料戦略:「ガスプロム」社を中核とする石油・ガスの国家管理の確立(上)望月 喜市/ロシア税務会計の収益について・・森 章/ロシアにおけるサービス産業:成長の新たな傾向と構造的変化A.チーホノフ、G.メニシコヴァ/〈政治の動き・経済の動き〉 巨大エネルギー企業の形成にみるロシア利権闘争の新展開・・江頭 寛

第871号(2005、1月号)

東ドイツにおける体制転換と農業-旧東独モドロウ内閣農林・食糧経済大臣H.ヴァツェック博士との会見要旨-谷江 幸雄/社会的企業・社会的経済・社会的国家-問題へのアプローチ-・・エミール・ルーディック/〈紹介〉最近のロシアにおけるストライキの動態・原因・特質/〈ユーラシアの国ぐに〉ウクライナ:選挙後の選択

第870号(2004、12月号)

ロシアにおける教育改革の課題と展望-就学前教育及び初頭中東普通教育を中心に-岩崎 正吾/エストニアの企業・組織-転換の主体-・・マーヤ・ヴァディ  翻訳 加藤志津子/一ノ渡忠之/〈ロシア経済論調〉「自由主義的近代化」とロシア経済の将来-R.グランベルク国際経済政治研究所所長に聞く-/〈ロシアの経済戦略〉経済の現状と見通し/『ロシア・ユーラシア経済調査資料』2002-2004総目次

第869号(2004、11月号)

緑地保全と環境教育~モスクワを事例に~・・関 啓子/ロシア市場における競争状況の変化(小売チェーンストアの例)〔下〕ヴァディム・ラダエフ  監訳 小山 洋司/翻訳 富山 栄子/〈政治の動き・経済の動き〉北オセチア人質事件と新たなカフカス情勢江頭 寛/〈世論調査データ〉〉ロシア・ウクライナ・ベラルーシ国民の意識の比較(『世論のモニタリング誌』から)/〈ユーラシアの国ぐに〉ウズベキスタンの農業改革

第868号(2004、10月号)

ロシア市場における競争状況の変化(小売チェーンストアの例)〔上〕ヴァディム・ラダエフ  監訳 小山 洋司/翻訳 富山 栄子/太平洋ロシアと日本 -関係のグローバル化-エドヴァルト・グレベンシチコフ/〈紹介〉対話は成り立つか? -2004年大統領選挙とロシアにおける左翼勢力の運命-アーラ・グリンチコワ  訳:小野 一郎/〈紹介〉ロシアの社会経済発展の軌道(1999-2007年)/〈ユーラシアの国ぐに〉もう一つの道、ベラルーシドミートリー・ソローキン

第867号(2004、9月号)

ロシア連邦共和党の分裂中村 裕/ロシアの銀行セクターと個人向けローンビジネス(下)今井 雅和/〈統計資料〉2003年のCIS諸国の経済(CIS統計委員会のデータから)/〈ロシアの経済戦略〉経済政策の成果と課題/〈書評〉小山洋司著『EUの東方拡大と南東欧-市場経済化と小国の生き残り戦略』斉藤 稔

第866号(2004、8月号)

ロシアの財務会計について・・森 章/ロシアの銀行セクターと個人向けローンビジネス(上)今井 雅和/〈資料〉プーチン大統領教書演説(2004年5月26日)

第865号(2004、7月号)

ロシアの2003年「外貨規制及び外貨管理法」について白鳥正明/〈要約と解説〉ノーマルな国:ロシア-ロシア批判を再検討する-by Andrei Sheleifer and Daniel Treisman 望月喜市/〈ロシア経済論調〉ロシアの移行経済の特異現象としての「オリガーキズム」-オレグ・ボゴモーロフ科学アカデミー会員に聞く-/〈書評〉林克明・大富亮著:『チェチェンで何が起こっているのか』・・佐藤和之

第864号(2004、6月号)

協調と脅威のはざまで―第二次世界大戦初期の独ソ関係―斎藤 治子/経済改革の影響によるロシア国民の生活様式の変化R.V.リフキナ  訳:染谷 武彦/〈ロシア経済論調〉プーチン大統領の評価によせてレオニード・アバルキン/〈書評〉富田栄子著『ロシア市場参入戦略』中津 孝司/酒井啓子著『フセイン・イラク政権の支配構造』、『イラクとアメリカ』、『イラク戦争と占領』中山 弘正

第863号(2004、5月号)

ロシアのジェンダー問題関 啓子/ロシアのビジネスは法令順守への道を歩めるか(下)ヴァディム・ラダエフ (監訳:小山洋司、翻訳:富山栄子)/〈紹介〉私たちは変化を求める -世論調査報告『大統領選挙前夜のロシア』-訳:小野一郎/〈ロシアの経済戦略〉どうなる、今後のロシア経済 ●2004年の経済予測  ●2025年までの長期戦略/〈ロシア経済論調〉オリガルヒ資本主義の解体こそ高度成長への道-スタニスラフ・メンシコフ氏に聞く-/〈統計資料〉2002年国勢調査から

第862号(2004、4月号)

ロシアのビジネスは法令順守への道を歩めるか(上)ヴァディム・ラダエフ/東アジア:統合は可能か?(下)・・イヴァン・ツェリッシェフ/〈統計資料〉2003年のロシア経済/〈ロシアの経済戦略〉地域別に見た外国投資/〈書評〉マーシャル・I ・ゴールドマン著 鈴木博信訳『強奪されたロシア経済』

第861号(2004、3月号)

東アジア:統合は可能か?(上)イヴァン・ツェリッシェフ/〈ロシア経済論調〉ビジネスの社会的責任をめぐって/〈統計資料〉ロシア農業の現況(1998-2002年)/〈ユーラシアの国ぐに〉中東欧諸国における農業改革/〈書評〉小森田秋夫著『現代ロシア法』上野俊彦

第860号(2004、2月号)

ロシア税制における固定資産の減価償却森 章/〈政治の動き・経済の動き〉ロシア下院選挙と今後のロシア政局・・江頭寛/〈資料〉Ⅰ「農民(フェルメル)経営について」の連邦法 Ⅱ「個人副業経営について」の連邦法・・訳・解説 岡田進/〈ロシアの経済戦略〉●世界エネルギー産業におけるロシア  ●2003-2005年の税制改革 ●好調な2003年のロシア経済

第859号(2004、1月号)

ロシアの鉄道改革・・白鳥正明/〈日本=チタ・シンポジウム〉ロシア地政上のザバイカル二瓶剛男/山内伊佐男/島崎美代子/〈ロシア経済論調〉ロシアのビジネスエリートO.クルィシタノフスカヤ/Ju.フトリャンスキー/〈地球温暖化問題とロシア 6〉京都議定書をめぐるQ&A(2)/〈ユーラシアの国ぐに〉カザフスタン経済の展望/〈資料〉最近のロシア世論の動向

第858号(2003、12月号)

〈講演〉プーチンのロシア:国家の復活か啓蒙専制主義かブリュノ・ドルウェスキー/〈講演〉ソ連社会主義の崩壊とロシアの市場経済化岡田進/〈ロシア経済論調〉自由主義的改革路線批判ドミトリー・リヴォフ/フセヴォロト・クリコフ/〈地球温暖化問題とロシア 6〉京都議定書をめぐるQ&A(1)

第857号(2003、11月号)

ロシアにおける社会主義の経済理論再構築の課題―最近の学術研究会の提言によせて―小野一郎/〈ロシア最新政治事情〉下院選挙戦とオリガルヒ弾圧「ユコス事件」中澤孝之/〈論文紹介〉ロシア社会問題の現状―社会政策とその効果(2)・・リュボフィ・グリゴリエワ/〈統計資料〉2002年のCIS諸国の経済(CIS統計委員会データから)/〈地球温暖化問題とロシア 5〉ロシアにおける京都議定書の法的メカニズムと気候安定化の将来段階で同メカニズムを補正する可能性アレクサンドル・N.コサーリコフ

第856号(2003、10月号)

ロシアにおける人口移動と地域経済:現状と展望雲和弘/電気事業法成立に至るロシアの電力再編の経緯・・安部優也/〈論文紹介〉ロシア社会問題の現状― 社会政策とその効果(1)リュボフィ・グリゴリエワ/〈資料〉学術研究会「社会主義の経済理論の論点」の提言・・訳 小野一郎/〈地球温暖化問題とロシア 4〉一般市民と気候―気候が変わっても、人々はなお沈黙を続けるのか?S.N.クラーエフ

第855号(2003、9月号)

「社会主義の政治経済学」は甦るか?(その2)―討議資料『21世紀の経済理論における社会主義の政治経済学』から―長砂實/〈ユーラシアの国ぐに〉バルト諸国経済の現況/〈書評〉ジョレス&ロイ・メドヴェージェフ著 久保英雄訳『知られざるスターリン』

第854号(2003、8月号)

「社会主義の政治経済学」は甦るか?長砂實/〈政治の動き・経済の動き〉2003年大統領教書/2004年予算教書/2010年エネルギー戦略/カシャーノフ内閣不信任案/シベリア・極東情勢白鳥正明/〈資料〉プーチン大統領2003年教書演説(全文)/〈書評〉中西治著 『現代人間国際関係史 レーニンからプーチンまでとローズヴェルト、チャーチル』・・斎藤治子

第853号(2003、7月号)

ロシア企業の制度論的特徴・・芦田文夫/北東アジア経済圏形成の現状と展望・問題点(5)望月喜市/〈地球温暖化問題とロシア 3〉京都議定書の欠陥は、ロシアの怠慢を正当化するアレクセイ・ココーリン/〈書評〉タマシ・クラウス著 堀江則雄訳『ソヴィエト・テルミドール―現代ロシア政治の源流』斎藤稔

第852号(2003、6月号)

2002年のロシア経済の纏めと2003年の見通し朝妻幸雄/ロシアの経済改革における女性労働者粟田聡/〈紹介〉21世紀における社会主義経済学の発見的潜在力・・A.ブズガーリン 訳・小野一郎/〈地球温暖化問題とロシア 2〉ロシアの気候とその変動の特殊性・・B.A.フォミン/〈資料紹介〉ロシア人は改革の10年をどう見ているか(アンケート調査から:その3)

第851号(2003、5月号)

〈特別寄稿〉ロシア史における権力と管理A.チーホノフ/G.メニシコヴァ/北東アジア経済圏形成の現状と展望・問題点(4)望月喜市/〈政治の動き・経済の動き〉国家漁業委員会ナズドラチェンコ議長解職白鳥正明/〈統計資料〉2002年のロシア経済(国家統計委員会のデータから)

第850号(2003、4月号)

〈地球温暖化問題とロシア1〉:シリーズ〈地球温暖化問題とロシア〉について・・田中雄三/日本の読者の皆さんへ・・ウラジーミル・ベルヂン/京都議定書と環境サービスアレクサンドル・コサーリコフ/北東アジア経済圏形成の現状と展望・問題点(3)望月喜市/教皇ヨハネ・パウロ二世の存在は体制移行の道標か、触媒か-過去9回のポーランド訪問を振り返って-家本博一/〈資料〉「農業用地の取引について」の連邦法訳・岡田進/〈書評〉ジョセフ・E・スティグリッツ著 鈴木主税訳『世界を不幸にしたグローバリズムの正体』中山弘正

第849号(2003、3月号)

ロシア―日本:打開か手詰まりか?セルゲイ・チュグロフ/北東アジア経済圏形成の現状と展望・問題点(2)/<資料紹介>ロシア人は改革の10年をごう見ているか(2)/書評・「ロシア経済10年の軌跡―市場経済化は成功したか」

第848号(2003、2月号)

北東アジア経済圏形成の現状と展望・問題点(1)望月喜市/市場経済の日本モデルについてイリーナ・レベデヴァ/ロシアの地方権力をめぐる抗争江頭寛/ロシアにおける社会改革の戦略ナタリア・リマシェフスカヤ

第847号(2003、1月号)

カザフスタンにおける体制転換の深層ジェレズニャコフ・由川稔/〈資料紹介〉 ロシア人は改革の10年をどう見ているか/<ロシア経済論調>ロシアのWTO加盟問題をめぐってアバルキン、プリマコフ、ヤブリャン/書評・森章著「ロシア会計の歴史と現代」

第846号(2002、12月号)

新「ロシア連邦中央銀行法」の制定・・白鳥正明/<資料>ロシア連邦中央銀行法/カフカスの緊張と米露関係/図書紹介・高橋徹著「ドキュメント戦争広告代理店」

第845号(2002、11月号)

ベラルーシの経済と農業岡田進/<論文紹介>ロシアの雇用問題L・A・グリゴリエワ/<統計資料>簡易指標による地域別外資依存度の比較/<書評>中澤孝之著『オリガルヒ』、小川和男著『日本・ロシア経済関係の新展開』

第844号(2002、10月号)

ロシア人のメンタリティの特質と改革A・ボロノーエフ、P・スミルノフ/<政治の動き・経済の動き>ロシア外交の急展開/〈統計資料〉2001年のロシアの国際収支と対外債務/〈書評〉E・プリマコフ著『クレムリンの500日、プリマコフの政治外交秘録』

カムチャッカ半島と北千島での生物相調査/極東シベリアの自然・・野口栄一郎/『デルス・ウザラー』を歩く福田 俊司/多発する森林火災・・福田 正己

第843号(2002.9月号)

ロシアとアジア太平洋:新しい経済的相互依存I・ツェリッシェフ/子どもと議会選挙:基礎的政治的態度の形成N・ガロヴィン、V・シビリョフ/〈資料紹介〉2000年度ロシア連邦予算について保坂哲郎/〈書評〉関啓子著『多民族社会を生きる―転換期ロシアの人間形成』

第842号(2002.8月号)

ロシアにおける労務管理エミール・ルーディック/<政治の動き・経済の動き>ロシアにおける軍産複合体の現状/<ロシア・CIS経済:論点をめぐって>ロシアの投資と金融・・望月喜市・出羽弘/<統計資料>2001年CIS諸国経済

第841号(2002.7月号)

独立以降のウズベキスタン経済と金融制度改革(下)/<資料>「監査活動について」のロシア連邦法・・解説森章・翻訳小田康治/<資料>プーチン大統領2002年教書演説(全文)2002年4月18日

第840号(2002.6月号)

独立以降のウズベキスタン経済と金融制度改革(上)ガイラート・ジェマーエフ/<政治の動き・経済の動き>ロシア産業界の動向/<ロシア経済論調>インフレ問題とロシア石油経済/<統計資料>2001年のロシア経済

第839号(2002.5月号)

プーチン外交とアメリカ・テロ事件斎藤 治子/<ロシア経済論調>有力学者、ロシアの市場改革を語る・・オレグ・ボゴモーロス/ニコライ・シュメリョフ/<資料紹介>「中期展望におけるロシア連邦社会経済発展プログラム(2002-2004年)」とその批判(下)/<統計資料>ロシア人の生活と意見

第838号(2002.4月号)

グローバリゼーションのもとでのアゼルバイジャン関 啓子/独立10年後のバクーを訪ねて・・曽根 直子/<政治の動き・経済の動き>米同時多発テロ後のロシア外交/<資料紹介>「中期展望におけるロシア連邦社会経済発展プログラム(2002-2004年)」とその批判(上)/<紹介>今年のロシア経済はどうなるか

第837号(2002.3月号)

<特別寄稿>日本とロシア:経済発展の社会的諸要因の比較研究ユーリー・ヴェセローフ/<研究ノート>ロシア左翼における「スラブ派」と「西欧派」・・岡田 進/<ロシア経済論調>現代資本主義から見たロシア経済

第836号(2002.2月号)

東シベリア・チタ訪問見聞記・・島崎美代子・山内伊三男・二瓶剛男・梶山達史/ソ連における工業立地の時系列推移(下)・・雲 和広/<政治の動き・経済の動き>ロシア・プーチン政権内の人事抗争

第835号(2002.1月号)

ソ連における工業立地の時系列推移(上)雲 和広/ロシア連邦土地法典の成立望月喜市/<政治の動き・経済の動き>対ロシア外国投資とロシアの対外債務/『ロシア・ユーラシア経済調査資料』1998―2001年総目次

第834号(2001.12月号)

ソ連経済はどのようにして崩壊したか岡田 進/<論文要約>危機後ロシアにおける再生産構造と投資戦略・・L.A.グリゴリエワ・二瓶 剛男/<政治の動き・経済の動き>プーチン疑惑/<資料>ロシアの巨大工業企業200社

第833号(2001.11月号)

政界再編途上のロシア・・中村 裕/中国における新たな社会主義の模索・・多田 稔/<政治の動き・経済の動き>情報化社会をめざすロシア

832号(2001.10月号)

マケドニア経済の現状と安定化のための課題・・小山 洋司/<政治の動き・経済の動き>ロシア政治の変質/<統計資料>2001年上半期のロシアの貿易/<統計資料>ロシア工業企業家による現状評価と予測/<書評>『21世紀社会主義への挑戦』影山 摩子弥

第831号(2001.9月号)

現代ロシアにおける利益集団の自立過程・・粟田 聡/<統計資料>2000年CIS諸国の経済/<資料>「上海協力機構」創立宣言/<書評>『現代ロシア経済論』三宅 美栄

第830号(2001.8月号)

ポーランドにとってのEU正式加盟問題・・家本 博一/19世紀後半ロシアにおける鉄道建設(下)赤座 孝朝/<政治の動き・経済の動き>ロシア独占体の改革と利権闘争江頭 寛/<ロシア経済論調>ロシアの経済学と経済政策

第829号(2001.7月号)

1999年のロシア連邦人口減少について保坂 哲郎/19世紀後半ロシアにおける鉄道建設・・赤座 孝朝/<資料>プーチン大統領の年次教書(2001年4月3日)・・堀江 則雄

第828号(2001.6月号)

エリツィンからプーチンの時代へ中西 治/<紹介>ロシアの国家・軍事戦略について・・月出 皎司/<政治の動き・経済の動き>米ロ関係の新展開/<資料>土地の運命はロシアの運命

第827号(2001.5月号)

千年紀のロシア芦田 文夫/<論文要約>ロシアの投資危機とその克服をめぐってL.A.グルゴリヱワ・二瓶 剛男/「2010年に至る国家の発展戦略」の翻訳と解説(その3)・・望月 喜市

第826号(2001.4月号)

2001年度ロシア連邦予算について保坂 哲郎/現代ロシアの自動車産業粟田 聡/<政治の動き・経済の動き>ロシア・プーチン政権の内部対立江頭 寛/<統計資料>2000年のロシア経済/<統計資料>2001年のロシア経済予測

第825号(2001.3月号)

ロシア農業と農業経営の現状岡田 進/現代ロシア農業における住民経営氏原千佳/「2010年に至る国家の発展戦略」の翻訳と解説(その2)

第824号(2001.2月号)

ロシアの北東アジア外交の新展開江頭 寛/「2010年に至る国家の発展戦略」の翻訳と解説・・望月 喜市/<ロシア経済論調>転換後ロシアの社会経済体制の特異性/<資料>ロシアの銀行

第823号(2001.1月号)

プーチンの「強い国家」論と連邦制改革樹神 成/<政治の動き・経済の動き>ロシア経済の好調をどう見るか/<ロシア経済論調>ロシア経済発展予測への批判/<資料>ロシアにおける連邦システム改革についてのプーチン大統領への公開書簡/<資料>ロシアの地域の現状

第822号(2000.12月号)

サハリン・ピートモス共同事業についての考察今井 雅和/<政治の動き・経済の動き>プーチン政権とオルガルヒ/<資料>ロシアの巨大企業と企業集団/<書評>吉井昌彦著『ルーマニアの市場経済移行―失われた90年代?』溝端 佐登史

第821号(2000.11月号)

東西文化の交錯と民族の共生関 啓子/<資料>2000-2001年の社会政策と経済近代化の分野でのロシア連邦政府の行動計画/<ロシア経済論調>グレフ・プログラム批判レオニード・アバルキンナタリア・リマシェフスカヤ/<統計資料>2000年上半期のCIS諸国経済

第820号(2000.10月号)

見通し困難な「改革抜きの部分解放」路線―北朝鮮訪問記長砂 實/ロシア市場経済移行への制度主義アプローチ(下)・・中江 幸雄/<政治の動き・経済の動き>カスピ海エネルギー資源をめぐる地政学的情勢/<書評>久保庭真彰・田畑伸一郎編著『転換期のロシア経済』・・田中 宏

第819号(2000.9月号)

ロシア市場経済移行への制度主義アプローチ(中)中江 幸雄/<資料>われわれはどんなロシアをつくるか(プーチン大統領年次教書演説)/<ロシア経済論調>誰のための税制改革か

第818号(2000.8月号)

ロシア社会の多元化と住民自治中村 逸郎/ロシア市場経済移行への制度主義アプローチ(上)中江 幸雄/<政治の動き・経済の動き>オリガルヒの動向とプーチンの経済戦略/<ロシア経済論調>ロシアの新しい経済戦略をめぐって

第817号(2000.7月号)

ロシア優位が目立つ最近のカスピ海石油・天然ガスプロジェクト遠藤 昌雄/物価と賃金からみたロシアの経済状況・・近藤 房夫/<ロシア経済論調>プーチン新政権の発足と経済政策の課題/<資料>カシヤ―ノフ首相就任演説/<書評>D.M.コッツ、F.ウィア著角田安正訳『上からの革命:ソ連体制の終焉』岡田 進/<統計資料>1999年のCIS経済

(2000.6月号)

危機を脱出したロシア経済の行方高橋 実/プーチン新大統領が描くロシアの現状と展望・・近藤 房夫/<政治の動き・経済の動き>ロシア新大統領プーチンの分析/<翻訳>鐘 亜平『アメリカのグローバル化戦略の実質山口 勇/<書評>『新版・現代バルカン半島の変動と再建』『南東ヨーロッパ社会の経済再建―バルカン紛争を超えて』小山 洋司

第815号(2000.5月号)

21世紀ヴィジョンとコミュニティ開発・・島崎 美代子/<統計資料>1999年のロシア経済/<政治の動き・経済の動き>ロシア経済の復調はなるか/<書評>塩川伸明著『現存した社会主義―リヴァイアサンの素顔』竹森 正孝/<データ紹介>ロシア人の収入と貯蓄

第814号(2000.4月号)

ブルガリアにおける市場経済移行ディミタ―・ヤルナゾフ/<翻訳>ソビエト社会主義の本質ユーリー・アレクサンドロフ/<政治の動き・経済の動き>ロシア政治の変質示す下院選挙/<書評>ロイ・メドヴェージェフ著(加藤志津子・蓮見雄訳)『ロシアは資本主義になれるか?』大崎 平八郎

第813号(2000.3月号)

ロシアの議会選挙:予想と現実ワレーリ・キスターノフ/体制転換以降のロシアにおける穀物生産の動向・・氏原 千佳/<資料>千年期のはざまにおけるロシアウラジーミル・プーチン/<書評>中藤康俊著『環日本海経済論』金 哲

第812号(2000.2月号)

新チェチェン紛争とロシアのねらい江頭 寛/ウズベキスタンにおける民族・宗教・教育・・関 啓子/国境を越えた図們江(豆満江)地区鄭 杰/<論文要約>「八月危機後のロシア企業」

第811号(2000.1月号)

ロシアの金融危機とその政治経済的要因・・武田 有加/<論文紹介>市場への移行とロシアの財政・金融の実態/<資料>「ロシア連邦国家権力とロシア連邦構成主体の国家権力機関とのあいだの管轄事項および権限の区分の原則および手続きについて」の連邦法樹神 成/<書評>島崎美代子、長沢孝司編『モンゴルの家族とコミュニティ開発』由川 稔

第810号(1999.12月号)

カムチャッカの光と影左近 毅/ロシアの下院選・大統領選を控えた政治情勢江頭 寛/<論文紹介>ロシア金融危機とその後の政変/<データ紹介>ロシアにおける失業の実態/<書評>生きられた歴史と解放への思想との狭間 藤田勇著『自由・平等と社会主義』早川 弘道

第809号(1999.11月号)

転換期ロシアの地域経済:地域特性と人口移動・・雲 和広/体制転換後のハンガリーにおける民営化杉本 崇/<紹介>「ソ連解体」をめぐる諸見解―中澤孝之著『ベロヴェーシの森の陰謀』を読む大崎 平八郎

第808号(1999.10月号)

ロシアの経済危機と構造調整政策・・佐治木 吾郎/新生ロシア市場における卸売業者の機能論的アプローチ富山 栄子/移行期ロシアにおける市場経済主体の形成(下)岡田 進

第807号(1999.9月号)

金融危機下のモスクワで暮らして―モスクワだより:1998年8-10月小島 定/「改革派」経済学者はロシアの金融危機をどう見たか(論文概要)/<書評>『世界の福祉―ロシア、ポーランド』堀林 巧/<書評>村岡至著『協議型社会主義の模索―新左翼体験とソ連邦の崩壊を経て』影山 摩子弥

第806号(1999.8月号)

体制転換後のロシアにおけるマーケティング発現の前提とその実体富山 栄子/移行期ロシアにおける市場経済主体の形成(上)岡田 進/<論文紹介>ロシアの農工複合体の現状と政策課題/<書評>芦田文夫著『ロシア体制転換と経済学―文明史における市場化―』林 裕明

第805号(1999.7月号)

EU加盟交渉過程の変質―ポーランド家本 博一/日本とロシアの女性企業家イリーナ・レベデヴァ/<統計資料>1998年のロシア経済

第804号(1999.6月号)

移行期経済における外資の功罪池田 俊明/アジア通貨危機と「環日本海経済圏」金 哲/ロシア市場におけるブランド・マーケティング・・富山 栄子/<資料>わが国における社会経済状態の安定化にかんするロシア連邦政府とロシア連邦中央銀行の方策について(3)/<統計資料>1998年のロシアの外国貿易

第803号(1999.5月号)

ロシア極東における移行期経済発展の諸問題・・ Ю.アルチューノフ/中東欧諸国とEU拡大・・木村 武雄/<資料>わが国における社会経済状態の安定化にかんするロシア連邦政府とロシア連邦中央銀行の方策について(2)/<書評>塩原俊彦著『現代ロシアの政治・経済分析―金融産業グループの視点から』恩田 久雄

第802号(1999.4月号)

ロシア(旧ソ連)経済研究雑感山口 慶四郎/<研究報告>N.G.チェルヌィシェフスキーと同時代の協同組合思想家たち、N.P.バーリンとA.L. ヴァシーリチコフ今井 義夫/<研究ノート>移行期経済システムの比較分析について中江 幸雄/<資料>わが国における社会経済状態の安定化にかんするロシア連邦政府とロシア連邦中央銀行の方策について(1)

第801号(1999.3月号)

転換期中東欧の社会保障制度堀林 巧/ロシア金融危機と世界資本主義蓮見 雄/<特別寄稿>カザフスタン共和国の行財政の現状・・クレケーエフ

第800号(1999.1・2月号)創刊40周年・通巻800号記念特大号

本誌創刊800号を迎えて大崎 平八郎 《特集Ⅰ》ロシアの体制転換――現状と展望 21世紀に向けての戦略の選択の問題L.アバルキン/ソ連の経済システム崩壊論の再検討望月 喜市/マネタリズム的「市場経済化」の帰結芦田文夫/移行期ロシアにおける労働者階級の状態小野一郎/ウズベキスタン経済の現況――ロシア・カザフスタンとの比較――二瓶剛男/東欧諸国の体制転換とロシアへの教訓・・斎藤稔 《特集Ⅱ》ロシアの現状に思う――本誌執筆者へのアンケート―― 伊藤昌太、岡田尚三、叶秋男、木村英亮、斎藤治子、田口雅弘、都留信也、出羽弘、徳永彰作、月出皎司、藤井茂

第799号(1998.12月号)

EU加盟問題の「複相性」――ポーランド家本 博一/バシコルトスタン:主権国家への道と経済の現状岡田 進/<資料>ロシア連邦における会計実施と会計報告書に関する規定・・訳 小田康治、解説 森章/新刊紹介

第798号(1998.11月号)

「市民社会」ヘの移行を促す生涯学習体系の構築――ウズベキスタン共和国の教育改革澤野由紀子/1998年9月のウズベキスタン――フェルガナ旅行ノート――木村英亮/<資料>政府の原則的な路線は実体経済の発展である(プリマコフ首相の演説から)/<論文要約>L.アバルキン「不払い――根源を見据えよ」/V.ボンダレートフ、D.クラスニコフ「人為的な為替レートが経済破壊の主要な手段だ」/<書評>中央大学経済研究所編『市場経済移行政策と経済発展――現状と課題――』溝端佐登史/ロシア・旧ソ連経済月録(1998年9 月)

第797号(1998.10月号)

ロシアの経済危機の財政・金融構造望月喜市/<資料>大統領、連邦議会、政府に対する科学アカデミー経済部の学者たちの公開状/<資料>「従業員株式会社(人民企業)の法的地位の特殊性にかんする」連邦法・・訳・解説 岡田進/<書評>岡田進著『ロシアの体制転換――経済危機の構造』加藤志津子/ロシア・旧ソ連経済月録(1998年8 月)

第796号(1998.9月号)

<特別寄稿>キルギスタンにおける現下のマクロ経済的状況Sh.ムサコジョエフ、K.オムルザコフ/<資料紹介>「経済・金融安定化計画」について保坂哲郎/<資料>経済・財政安定化プログラム(ロシア政府案)3/<論文要約>S.グラジエフ「『反危機プログラム』は反危機的か?」/<書評>R.W.デイヴィス著、内田健二・中嶋毅訳『現代ロシアの歴史論争』・・鈴木義一/ロシア・旧ソ連経済月録(1998年7月)

第795号(1998.8月号)

ロシア経済と情報パラダイム・・栖原学/<翻訳>世界革命――壮大な冒険とその破綻(下)ヤコヴ・ペヴズネル/<資料>経済・財政安定化プログラム(ロシア政府案)2/<書評>小野堅・岡本武・溝端佐登史編『ロシア経済』/ロシア・旧ソ連経済月録(1998年6月)

第794号(1998.7月号)

バルツェロヴィチ理論再考・・田口雅弘/<翻訳>世界革命――壮大な冒険とその破綻(上)ヤコヴ・ペヴズネル/<論文要約>V.ポポフ「ロシアにとってどんなルーブリ・レートが必要か?――東南アジア通貨・株式市場危機の教訓――」/<資料>経済・財政安定化プログラム(ロシア政府案)1/<統計データ>ロシアの主要経済指標(1991-1997)/ロシア・旧ソ連経済月録(1998年5月)

第793号(1998.6月号)

ロシアにおける資本市場と金融再編――金融・産業グループと銀行の変容――溝端佐登史/<論文要約>H.ラボチャージェフ「ロシアにおけるノメンクラトゥーラ資本主義の起源と本質の問題によせて」/ロシア・旧ソ連経済月録(1998年2月~4月)

第792号(1998.5月号)

第二次大戦の性格と幾つかの問題――ロシア歴史学界での論争を中心として――中西治/<資料>党派の政府でなく、職務練達な政府をセルゲイ・キリエンコ/<資料>1997年のCIS諸国の経済(付)ベラルーシの経済/<書評>A.ブズガーリン著『21世紀とコミュニズム』景山摩子弥/<データ紹介>ロシアにおける労使紛争と労働組合(世論調査のデータによる)

第791号(1998.4月号)

<講演>ロシア極東の最近情勢と今後の展望パーヴェル.A.ミナーキル/<資料>1997年のロシア経済/<資料>エリツィン大統領年次教書/<書評>ユーラシア研究所編『情報総覧現代のロシア』中江幸雄/ロシア・旧ソ連経済月録(1997年12月~1998年1月)

第790号(1998.3月号)

《特集》主権国家タタルスタン:民族の歴史と現在 民族アイデンティティの形成――タタルスタンの場合――関啓子/<特別寄稿>生徒の民族的自覚の形成――民族ギムナジウムにおける  学習教育過程編成の優先的課題として――ファリス・ハリソフ(訳・池本今日子)/ロシアの中のタタルスタン――自治共和国の成立から独  立まで ――木村英亮/タタルスタン共和国の教育制度澤野由紀子/経済改革途上のタタルスタン-シャイミーエフ大統領の議会演説から

第789号(1998.2月号)

<講演>ロシアの現状と日ロ関係コンスタンチン・サルキソフ/対ロシア直接投資と法制度整備の現況月出皎司/ロシア経済の復調は本物か――グローバリズム認識からの一視点――高橋実/<論文要約>A.ガダーエフ「民営化企業の活動」/<データ紹介>1997年のロシア人の生活と意見/ロシア・旧ソ連経済月録(1997年11月)

第788号(1998.1月号)

分裂後の新ユーゴスラヴィア経済動向徳永彰作/ロシアにおける体制転換と公害・環境問題――環境統計『ロシア連邦における自然保護』分析を中心に――徳永昌弘/21世紀の社会主義革命A.ブズガーリン・A.コルガーノフ/ロシア・旧ソ連経済月録(1997年9月~10月)