ユーラシア研究所出版物のご案内

ロシア・ユーラシアの経済と社会

本誌は、1959年(昭和34年)創刊し、53年間にわたって定期発行を続けています。地域的には、中央アジア、コーカサス、中東欧諸国など、バルト海から日本海に至るユーラシアの広い範囲を、また分野的には、経済を中心として、政治、法律、社会、歴史その他広社会科学全般を対象とします。
また、国内の論文だけでなく、海外寄稿も掲載しております。
『ロシア・ユーラシアの経済と社会』の発行予定について
『ロシア・ユーラシアの経済と社会』の発行が遅れており、読者の皆様に、ご迷惑をおかけします。1024号、1025号、1026号は、以下の通り、<体制転換を経験した国々において
「何が変わり、何が変わらないのか」を共通のテーマとして特集し、ウクライナ、ロシア、ポーランド、中国などの事例を取り上げています。いずれも、3月中にお届けする予定です。しばしのご猶予をお願い申し上げます。

ロシア・ユーラシアの経済と社会

第1037号(2019年2月号)

<特集>政治と法 -ロシアとポーランド

プーチン政権下の現代ロシアにおける大統領の「権力資源」 -大統領府による重要政策の指揮監督- 長谷川 雄之

ポーランド法の動向-2018年 小森田 秋夫

<資料>ロシアの新しい勘定計画について 安木 新一郎

第1036号(2019年1月号)

<特集>ロシアからみた日露関係

<特別寄稿>日露間の経済貿易関係の諸問題と発展可能性 オレセワ・エメリアノワ、デニス・シチェワコフ著、 久保谷政義訳

<特別寄稿>日露大学協会の創設と日露の大学間交流の可能性 川野辺 創

中国タクシー市場新規参入の経済効果  葉 剛

<概説>エネルギー分野におけるユーロ利用の拡大について 蓮見 雄

第1035号(2018年12月号)

<特集>EU危機下における中東欧諸国の諸相

<特別寄稿>難民とパーミル-人口統計的・経済的影響- ヨージェ・メンツィンガー著 小山洋司訳

証券取引所を買収したハンガリー国立銀行 高橋智彦

ポーランド法の動向-2017年 小森田 秋夫

ロシア・ユーラシアの経済と社会

毎月25日発売

ロシア・ユーラシアの経済と社会バックナンバー一覧



在庫のございます書籍は、バックナンバーのご注文が可能です。

お問い合わせ・ご注文は 電話/ファクス 03-5477-7612 事務局 まはた、こちらのフォームよりご連絡下さい

月刊ロシア・ユーラシアの経済と社会定期購読お申し込み書類はこちらから