ユーラシア研究所出版物のご案内

ユーラシア研究

ロシア・ユーラシア地域の総合的研究雑誌。経済、社会、政治はもとより文化、歴史、芸術、教育、科学、スポーツなど幅広い分野を研究対象とすることにより、この地域の理解の深化、知識の普及を目指す雑誌です。特に、雑誌のハイライトである個性ある特集は、どの号も今のユーラシアを知るために欠かせないトピックスを揃えています

ユーラシア研究最新号 第59号 ユーラシア研究所編集

特集Ⅰ 北極域研究の最先端

北極海航路の歩みと展望 大塚 夏彦
ロシア北極域・サハ共和国に永久凍土地下氷を探る 岩花 剛
東アジア・欧州・北米を繋げる北極海:光海底ケーブルプロジェクトの過去と未来 ユハ・サウナワーラ
終わりの始まり? 大国間競争時代の北極国際政治 大西 富士夫

特集Ⅱ よみがえるゴーリキー

マクシム・ゴーリキーの魅力    法橋  和彦 
ゴーリキーの白鳥の歌『ワッサ・ジェレズノーワ』(第2バリアント)をめぐって    中本  信幸 
ゴーリキーの短篇『グービン』の空間構造    中村  唯史 
ゴーリキーの「どん底」上演記 三条  三輪 
ゴーリキー!  圧政への怒りと民衆への深い眼差し    杉山  秀子

ユーラシア研究59号

インタビュー

「歌う漫画家」の日露交流―富澤きらら独占インタビュー 富澤 きらら

エッセイ

ロシアの詩を読むNo.28 人はいかにして詩人となるのか 岡林 茱萸
ロシア語あれこれNo.28 て形の歌」から「格変化の歌」 北岡 千夏
出版社うちあけ話No.16 近ごろ名前は長くない 島田 進矢

連載

ネットワークNo.50 横浜ロシア語センターの営み ロシアと私 大山 麻稀子
若者の論壇No.45 ロシアとアジアの「架け橋」を目指して アザット・カユモフ

図書紹介

加藤 学『ビジネスマン・プーチン―見方を変えるロシア入門』 蓮見 雄
原田 英代『ロシア・ピアニズムの贈り物』  大野眞嗣『「響き」に革命を起こすロシアピアニズム 色彩あふれる演奏を目指して』 梅津 紀雄
巽 樹子『ツァーリと大衆』  青木 恭子

ロシア語で読むニュース その26 加藤 栄一

編集後記

 

ユーラシア研究バックナンバー一覧

60号以降については、こちらをご覧下さい。群像社よりお求め頂けます。

在庫のございます書籍は、バックナンバーのご注文が可能です。

お問い合わせ・ご注文は 電話/ファクス 03-5477-7612 事務局 

まはた、こちらのフォームよりご連絡下さい