最新レポート

<< >>

70.入札制度導入でドイツの再生可能エネルギーは生き残 れるか?-EU主導の再生可能エネルギーの市場化-道満治彦

ドイツ国旗

概要 ドイツでは、再生可能エネルギー政策が固定価格買取制度(

88.経済制裁下のロシアの世論-鈴木義一

russia

概要 原油価格下落による不況の中で発動された対ロシア経済制裁

89.ポーランドにおけるLPG車ビジネスとEVビジネスとの「すみ分け」-家本博一

概要 世界的な自動車燃費規制強化が進む中、西欧地域では電気自

90.ロシアの住宅団地再生に日本の経験は生かせるか-道上真有

ロシア国旗

概要 モスクワ市で始まった5階建て集合住宅の大規模リノベーシ

91.「最果ての地」=ヤマルの開発に挑む日本企業-加藤資一

ロシア国旗

概要 北極海に面するロシアのヤマル半島は現地語で「最果ての地

138.ロシアのビットコインと新興財閥-安木新一郎

russia

概要

ロシアで「デジタル金融資産法」が発効し、デジタル暗号通貨の発行、採掘、売買が認められた。新興財閥En+グループの傘下にあるシベリアのブラーツク水力発電所を利用したB社がビットコイン採掘を手がけている。決済手段としては禁じられたため現金需要を高める可能性もあるが、今後もプーチン政権を支える新興財閥・国営機関により、デジタル暗号通貨の採掘がロシアやカザフスタンなど旧ソ連圏で広がっていくものと思われる。
» Read more..

137.欧州グリーンディールと経済安全保障-ロシアのウクライナ侵攻の長期的影響-蓮見雄

概要

欧州グリーンディールは脱炭素の移行経路を具体化できておらず、ガス価格高騰の一因とさえなっている。これに、ウクライナ危機による地政学リスクが加わった。EUが、ロシア依存を避けるには高価なLNG輸入に頼らざるをえない。だが、そのコストを軽減するために脱炭素化を加速すれば、再エネやEVに関連する資源・技術の中国依存を強めるという経済安全保障問題に直面することになるかもしれない。
» Read more..

136.ロシアの工業団地と日系企業の事業機会~道半ばのロシアの企業誘致・開発戦略-大橋 巌

ロシア国旗

概要

近年、ロシアの一部の地域では国際的に見ても優れた工業団地が整備され、企業誘致のノウハウも進化している。また、官民を挙げて資源中心の産業構造を変革していく過程にあり、交通インフラの整備、スマートシティ、脱炭素化など、新たな需要も拡大している。この工業団地を活用しつつ、日系企業の技術やノウハウを生かした事業化の可能性が生まれている。

はじめに

筆者は2014年からロシア工業団地協会(Association of Industrial Parks of Russia:AIP Russia:AIP Russia)1の顧問を務めている。ロシア工業団地協会は、2010~2011年にロシアの主要経済団体「実業ロシア(Business Russia)」が作成した2025年までの経済発展戦略「新工業化~戦略25×25」2で打ち出された提言に沿って、実業ロシア、ロシアの一部の先進的な地方政府、ロシアの産業再生に取り組む民間企業によって創設された非営利経済団体である。この10年間、ロシアにおける近代的な工場立地インフラとしての工業団地の整備を目的として、地方政府、開発公社、不動産開発や工場建設に携わる民間企業の情報交換や交流のプラットフォームを提供し、連邦政府への政策提言、企業誘致のための情報発信活動などに取り組んできた。協会の活動における筆者の役割は、日本企業の立場から見たロシアにおける工業団地の整備や企業誘致のあり方への助言、協会およびその会員の工業団地整備の実績や誘致活動の日本側への情報発信の支援などである。

 

本稿では、筆者の工業団地協会との関わりの経験を踏まえ、ロシアにおける製造業の進出環境の変化、日本企業にとっての課題などについて考えてみたい。
» Read more..

135.EUビジネスエコシステムの「移行経路」と国際標準の策定-蓮見 雄

EU

概要

2021年5月5日、欧州委員会は、COVID-19の教訓を踏まえて、2020年産業戦略のアップデートを行い、産官学連携に基づいて、「移行経路(transition pathways)」を具体化すると同時に、重要な分野において国際標準を構築していくことを明確にした。EUは、COVID-19危機を成長軌道の根本的な転換の機会とすべく既に動き出している。
» Read more..

134.欧州バッテリー同盟EBAの「新しさ」と今後の課題-家本博一

EU

概要

欧州バッテリー同盟EBAは、東アジア勢に先行されている車載用バッテリーの開発と製造について、EU域内の産業や企業の連携を強化するコンソーシアム構想の下、規模の経済性の実現と国際競争力の引上げを伴う持続可能なサプライチェーンの構築、電池関連産業にとっての新たなバリューチェーンの構築を目指し、「循環型経済」への変革を促すものである。
» Read more..

Back to Top ↑