Archive for 東欧

44.油価下落とアゼルバイジャン経済 -蓮見 雄

アゼルバイジャン共和国

概要

アゼルバイジャンはBPなど外資との協力によって資源開発を促し経済発展を遂げたが、それは油価依存型構造をもたらした。油価下落によって石油基金は減少に転じ、ばらまき政策ができなくなる中、外資との協力強化と産業の近代化はアゼルバイジャンの喫緊の課題となっている。

» Read more..

29.ポーランドの金融市場と司法-金投資運用会社の事件に見るその一断面-小森田 秋夫

ポーランド国旗

概要

2012年夏、ポーランドでは高利を保証すると称して顧客を集めていた金投資運用会社のA社が摘発され、社長とその妻が逮捕される事件が発生した。この事件は、ポーランドにおける「パラバンク」や「金融ピラミッド」なる存在をクローズアップさせ、この種の金融活動に関する法とその執行に携わる検察機 関などの問題点を浮き彫りにした。
2012年の夏、ポーランドでは金への投資によって高率の利益を保証すると称して顧客を集めていた金投資運用会社のA社が摘発され、社長とその妻が逮捕されるという事件が発生した。このA社事件は、今日のポーランドにおける金融市場の一角を占める「パラバンク」あるいは「金融ピラミッド」なる存在を にわかにクローズアップさせた。それと同時に、この種の不透明な金融活動に関わる法とその執行に携わる国家の諸機関、とりわけ検察機関が抱える問題点を浮き彫りにした。

» Read more..

19.正念場を迎えるウクライナと日系企業のビジネスチャンス-服部 倫卓

ウクライナはサッカーの欧州選手権という国際イベントを成功させたが、その後は景気が後退し始めるなど閉塞感も否めない。一方、初の対ウクライナ円借款供与によるボリスポリ国際空港新ターミナル完成は大きな朗報である。また現在、政府開発援助(ODA)の活用を念頭に各商社がプロジェクトの発掘に努めている。日系企業としては、同国のカントリーリスクを見極めながらビジネスの糸口を探っていくことが求められよう。

» Read more..

Back to Top ↑