最新レポート

<< >>

67.サンクトペテルブルクにおける日系企業のビジネスの現状と今後の可能性-宮川 嵩浩

ロシア国旗

概要 北のベネチアとも称されるロシア第2の都市、サンクトペテ

86.EUカナダ包括的経済貿易協定に見るEUのFTAへの投資裁判所導入の際の問題点-東 史彦

EU

概要 州連合(EU)によるEUカナダ包括的経済貿易協定(CE

87.ITを利用したロシアのサービス産業-菅原信夫

ロシア国旗

概要 無料でタクシーの配車アプリをインストールしてくれるGe

88.経済制裁下のロシアの世論-鈴木義一

russia

概要 原油価格下落による不況の中で発動された対ロシア経済制裁

89.ポーランドにおけるLPG車ビジネスとEVビジネスとの「すみ分け」-家本博一

ポーランド国旗

概要 世界的な自動車燃費規制強化が進む中、西欧地域では電気自

128.コロナ禍とバーチャル型株主総会の進展―ドイツ・フランスの場合-上田廣美

EU

概要

コロナ禍により、世界中の企業が懸念した問題のひとつに「株主総会の開催」がある。日本の3月期決算企業は6月末までに、12月期決算企業が多い欧州連合(EU)の場合、ドイツ企業は8月末まで、フランス企業は6月末までに株主総会を開催する。コロナ禍における株主総会の対応について、EU加盟国であるドイツ・フランスを日本と対比しながら紹介する。
» Read more..

127.プーチンの巨大石油会社―ロスネフチ―篠原建仁

ロシア国旗

概要

ロシア最大の石油生産量を有し、プーチン氏の側近中の側近であるセーチン氏が率いる巨大国営石油会社ロスネフチ。プーチン氏やロシア政府の意向を受けて極東などの地域開発まで手掛けているが、石油需要減少や継続する対露制裁、プーチン氏の大統領としての任期満了といった問題が控える中、今後セーチン氏がどのような舵取りをしていくのかが注目される。

» Read more..

126.コロナ危機後を模索するロシア―治療薬の開発に注力-中澤孝之

概要

ロシアは、米国、ブラジルに次いで新型コロナウイルス感染者が多く、2カ月にわたってロックダウンが続いていた。しかし、2020年6月9日、モスクワでも外出禁止令が解除され、経済活動が再開された。コロナ危機による経済的落ち込みは、当初の予想よりは小さく、ロシアは、経済復興と治療薬の開発に注力し始めている。

» Read more..

125.金goldを買うのをやめたロシア中央銀行-安木新一郎

概要

サウジアラビアとの交渉が決裂し、油価が急落、ロシア・ルーブルは暴落した。ロシアは2020年の平均原油価格を42.40米ドル/バレルとして予算を組んでおり、ロシア経済は悪化、財政赤字が膨らむことが予想される。こうした中、ロシア連邦中央銀行は5年間続けてきた金買いを4月1日に停止した。今後ロシアは、金外貨準備の2割を占める金を売って米ドルを買わざるを得なくなる可能性もある。
» Read more..

124.コロナ危機後の欧州グリーンディール(European Green Deal)-レンツK・F

eu

概要

新EU委員会の中心政策が発表された。1兆ユーロの予算枠が前提である。欧州を最初の気候中立大陸にすることを目標とする欧州グリーンディールという政策である。この政策は、その内容を考えれば、「欧州気候改革」と訳すべきであり、コロナ危機後の経済政策の柱となるだろう。日・EU経済連携協定に基づいて、この分野でも協力ができるよう努力すべきである。
» Read more..

Back to Top ↑