ユーラシア研究所セミナーのお知らせ

ユーラシア研究所関連セミナー・シンポジウム

  • 創立30周年記念第31回ユーラシア研究所総合シンポジウム開催「ロシア人のくらしの今」

ユーラシア研究所は、今年、創立30周年を迎えました。総合シンポジウムは、31回目になります。2019年のテーマは「ロシア人のくらしの今」です。体制転換から四半世紀以上を経過し、政治や経済の仕組みも人々の生活もすっかり変わりました。日本では、ロシアの政治や経済などに関わるニュースは時々見聞きすることはあっても、ロシアの人々のくらしに関する情報に触れる機会はなかなかありません。ひょっとしたら、私たちのロシアに対するイメージは昔のステレオタイプのままで、現実とは大きくかけ離れてしまっているかもしれません。

そこで、今回は、まさに四半世紀以上にわたり日ロビジネスに従事し、数え切れないほど何度も日本とロシアを往復し、そしてまた日本の地で働いているドミートリー・ヴォロンツォフさんを特別ゲストにお招きし、日本人がロシアに対して抱いている誤解、またロシア人が日本に対しいて抱いている誤解について、ご自身の経験を通して語って頂きます。

次に、五十嵐徳子さんには、現地でのアンケート調査やインタビューをもとに、ロシアにおける「男性らしさ」や「女性らしさ」、あるいは労働や家庭に対するロシアの人々の意識について論じて頂きます。 くらしを支える重要な物質的基礎は、なんと言っても住宅です。そこで、道上真有さんには、住宅事情という視点からロシア人のくらしの変化について概観して頂きます。 司会の貝田真紀さんは、ロシアの市民社会を研究テーマにしている若い研究者です。きっと興味深い議論を引き出して下さるでしょう。
また、シンポジウム後、ユーラシア研究所創立30周年を記念して懇親会を行います。講師の皆様とも親しくお話しできる場ですので、参加希望の方は、下記の要領にてお申し込みをお願い致します。

  • 主催:ユーラシア研究所
  • 日時:2019年7月13日 13:30~17:30
  • 場所:聖心女子大学4号館(旧JICAビル)3階のブリット記念ホール(例年の会場とは異なりますので、ご注意下さい)
  • 参加費: 一般(1,000円) ユーラシア研究所維持会員(無料) 聖心女子大学の教職員・学生(無料)
  • お申し込み:メールフォームに必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。
  • タイムスケジュール
  • 13:00 
     開場
  • 13:30-13:40
     あいさつ 小森田秋夫(ユーラシア研究所長、神奈川大学教授) 
  • 13:40-14:20
     日本人の誤解、ロシア人の誤解ドミトリ―・ヴォロンツォフ(エアーブリッジカーゴ航空・日本ビジネス開発ダイレクター)
  •  
  • 14:20-15:00
     「らしさ」を求めるロシア社会 五十嵐徳子(天理大学教授)
  • 15;00-15:20 
     休憩
  • 15:20-16:00
     住宅からみるロシア人の生き方とロシア経済、その変化 道上真有(新潟大学准教授)
  • 16:00-16:20 
     コメント ドミトリ―・ヴォロンツォフ (エアーブリッジカーゴ航空・日本ビジネス開発ダイレクター)
  • 16:20-17:30
     討論

司会:貝田真紀(外務省専門分析員、ユーラシア研究所研究員)

18:00-20:00 創立30周年記念懇親会(会場ラ・メンサ ジャスミン、立食、飲み放題)
      https://www.u-sacred-heart.ac.jp/about/campus-jasmin.html
    ・一般でシンポジウム、懇親会参加希望者の方は、6,500円を、以下のいずれかにお振り込み下さい。
    ・ユーラシア研究所維持会員、聖心女子大学教職員・学生で、懇親会参加希望者は、以下のいずれかに5,500円をお振り込み下さい。
    郵便振替  00190-7-50071 加入者名 ユーラシア研究所
    銀行振り込み 三井住友銀行経堂支店 普通口座 5302588 ユーラシアケンキュウジョ
   

一般でシンポジウムのみ参加希望者は、当日、受付にて現金で1,000円をお支払い下さい。

 

最近の主なセミナー・シンポジウム

  • ユーラシア・セミナー「ロシアの消費生活と生活環境の変化」

主催:ユーラシア研究所

日時:2018年10月27日17:00~19:00

場所:立教大学池袋キャンパス11号館A203教室

  • 第30回総合シンポジウム-アジアの中の日露関係

主催:ユーラシア研究所

日時:2018年7月14日(土) 

場所:聖心女子大学宮代ホール

  • ユーラシアセミナー「大統領後のロシア―――プーチンのユーラシア戦略の行方」(仮題)

主催:ユーラシア研究所

日時:2018年5月26日(土)

場所:立教大学池袋校舎5号館5322教室

  • ユーラシア研究所第29回総合シンポジウムさまざまな<ロシア革命>―100年後のいま、ふり返る

主催:ユーラシア研究所

日時:2017年7月15日(土)

場所:聖心女子大学宮代ホール

  • 立教大学経済研究所主催シンポジウム日露関係とエネルギー安全保障

後援ユーラシア研究所

日時:2017年1月14日(土)

場所:立教大学池袋キャンパス 11号館A203教室)

ウクライナ危機、シリア危機、難民問題、テロ、・・・、不安定化する世界情勢を見るために、ロシアと資源エネルギー価格の動向が一つの焦点となっている。欧米からアジアへの中長期的なパワーシフトに対応してロシアの東方シフトが進む中、日ロ協力が大きな課題として浮上した。日本にとって、ロシアは既に石油輸入の5%、天然ガス輸入の10%近くを占めるエネルギー供給国である。プーチン訪日後、日ロ経済協力はどう進むのか。
これは、二国間の問題にとどまらず、東アジア経済、ひいては世界経済の構造変化にもつながるグローバル・イシューとなっている。統合の維持と金融に不安を抱えるEU、政権交代後の政策転換を模索するアメリカ、外貨建て債務・資源価格・過剰生産に問題を抱える新興国。日ロ経済協力は、こういった世界経済の課題に対しても,焦点となる。
立教大学経済研究所では、この問題に詳しい研究者、実務家、ジャーナリストにお集まりいただき,日ロ経済協力とエネルギー安全保障の展望について縦横無尽に語るパネルディスカッションを企画したものである。

これまでのセミナー・シンポジウム

ユーラシア研究所では、主催・共催・後援などで、様々なセミナー・シンポジウムを開催しております。

2015年~2016年のセミナー・シンポジウム一覧

2010年~2014年のセミナー・シンポジウム一覧

2010年以前のセミナー・シンポジウム一覧